版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
異人論序説 赤坂 憲雄(著) - 筑摩書房
...
ちくま学芸文庫

異人論序説

発行:筑摩書房
縦150mm
335, 22ページ
価格情報なし
ISBN
9784480080158

出版社在庫情報
不明
初版年月
1992年8月
登録日
2017年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-16 産經新聞  朝刊
評者: 赤坂憲雄(学習院大学教授)

紹介

内部 外部、秩序 混沌、清浄 不浄、自己 他者などの無限に反復される二元論のうえにたえまなく分泌されるもの。境界をつかさどる聖なる司祭-<異人>。この、内と外とが交わるあわいに生ずる豊饒なる物語を、さまざまなテクストを横断しつつ明快に解き明かす、危険な魅力にみちた論考。

目次

序章 <異人>-漂泊と定住のはざまに
第1章 <異人>の考古学(境界・無縁・コムニタス
市・交通・異界
ほかいびと・まれびと・やまびと
聖痕・不具・逸脱)
第2章 <異人>の系譜学(王権・供犠・刑罰
天皇・賎民・職人
亡命・遊行・芸能)
第3章 <異人>の現象学(われら・かれら・バルバロス
周縁人・境界人・通過儀礼
内なる他者・無意識・狂気)
終章 さらに、物語のかなたへ

上記内容は本書刊行時のものです。