版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:55:"赤線跡を歩く : 消えゆく夢の街を訪ねて ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-480-03685-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:547:"公娼制度の廃止に伴い、戦後間もない昭和21年頃から形成された赤線地帯。そこでは鮮やかなタイルと色ガラス、入口にホールのある独特の様式が生まれ、カフェー調の店が全国の盛り場で流行した。昭和33年の廃止後、アパートや旅館、町工場などに姿を変えて余生を送ってきたそれらの建物も、半世紀が経過し風化が進む。戦後の都市空間を彩った建築物とわずかに残る街並みを記録した貴重な写真集。";s:6:"author";s:19:"木村 聡(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"筑摩書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"筑摩書房";s:12:"release_date";b:0;}

ちくま文庫

赤線跡を歩く : 消えゆく夢の街を訪ねて

木村 聡(著)
発行:筑摩書房

  223頁 


ISBN 978-4-480-03685-8  

奥付の初版発行年月 2002年3月
登録日 2017年11月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-11-12 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:酒井順子(エッセイスト)

紹介

公娼制度の廃止に伴い、戦後間もない昭和21年頃から形成された赤線地帯。そこでは鮮やかなタイルと色ガラス、入口にホールのある独特の様式が生まれ、カフェー調の店が全国の盛り場で流行した。昭和33年の廃止後、アパートや旅館、町工場などに姿を変えて余生を送ってきたそれらの建物も、半世紀が経過し風化が進む。戦後の都市空間を彩った建築物とわずかに残る街並みを記録した貴重な写真集。

目次

東京(吉原
洲崎
千住 ほか)
関東(松戸
船橋
川崎 ほか)
関西(飛田
中書島
橋本 ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。