版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:39:"物語の向こうに時代が見える";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-393-44420-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:318:"戦争、戦後の混乱期、高度成長期、そして格差社会の現代。激流の時代を賢明に生きる人々を描いた文学は、私たちに何を語りかけてくるのか。戦後日本とほぼ同じ年齢の著者が、人間のしなやかな強さと優しさを見据えた「時代論」。";s:6:"author";s:22:"川本 三郎(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"春秋社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"春秋社";s:12:"release_date";i:1476889200;}

物語の向こうに時代が見える

芸術 ラノベ

川本 三郎(著/文)
発行:春秋社

四六判   224頁 
定価 2,000円+税

ISBN 978-4-393-44420-7   C0095

書店発売日 2016年10月20日
登録日 2016年9月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-01-08 朝日新聞  朝刊
評者:原武史(放送大学教授)

紹介

戦争、戦後の混乱期、高度成長期、そして格差社会の現代。激流の時代を賢明に生きる人々を描いた文学は、私たちに何を語りかけてくるのか。戦後日本とほぼ同じ年齢の著者が、人間のしなやかな強さと優しさを見据えた「時代論」。

著者プロフィール

川本 三郎(カワモトサブロウ)

評論家。1944年東京生まれ。『大正幻影』でサントリー学芸賞、『荷風と東京』で読売文学賞、『林芙美子の昭和』で毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞、『白秋望景』で伊藤整文学賞を受賞する。都市論、エッセイなどの著書多数。著書に、『ギャバンの帽子、アルヌールのコート』『ロードショーが150円だった頃』『銀幕の銀座』『成瀬巳喜男 映画の面影』『映画の戦後』『我もまた渚を枕』『ミステリと東京』『ひとり居の記』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。