版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人文死生学宣言 渡辺 恒夫(著/文 | 編集) - 春秋社
..

人文死生学宣言 私の死の謎

発行:春秋社
四六判
256ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784393333624
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年10月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

死にゆく他者を見守り支援するばかりだったこれまでの死生学を超越し、人間最大の難問たる「私」自身の死を人文学の知によって考究、そこから死に対する態度を再構築する。

著者プロフィール

渡辺 恒夫  (ワタナベ ツネオ)  (著/文 | 編集

1946年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。東邦大学名誉教授。専門は、心理学・現象学。著書に『夢の現象学・入門』(講談社、2016)、『フッサール心理学宣言――他者の自明性がひび割れる時代に』(講談社、2013年)など多数。

三浦 俊彦  (ミウラ トシヒコ)  (著/文 | 編集

1959年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学文学部教授。専門は、美学・分析哲学。著書に『天才児のための論理思考入門』(河出書房新社、2015年)、『改訂版 可能世界の哲学――「存在」と「自己」を考える』(二見書房、2017年)など。

新山 喜嗣  (ニイヤマ ヨシツグ)  (著/文 | 編集

1957年生まれ。秋田大学医学部医学科卒業。医学博士。現在、秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻教授。専門は、臨床精神医学・精神病理学。著書に『ソシアの錯覚――可能世界と他者』(春秋社、2011年)、論文に「自分の死と他者の死は誰に関わることか――死の形而上学へのカプグラ症候群からの問いかけ」『生命倫理』(第17巻、2007年)など。

重久 俊夫  (シゲヒサ トシオ)  (著/文

1960年生まれ。東京大学文学部(西洋史)卒業。著述家/教育職。専門は、哲学・思想史。著書に『時間幻想――西田哲学からの出発』(中央公論事業出版、2009年)など。論文に「すべての経験は純粋経験である」『西田哲学会年報』(2004年創刊号)など。

蛭川 立  (ヒルカワ タツ)  (著/文

1967年生まれ。京都大学で生物学を、東京大学で人類学を学ぶ。現在、明治大学情報コミュニケーション学部准教授。専門は、人類学と心理学の境界領域。著書に『性・死・快楽の起源』(福村出版)、『彼岸の時間――〈意識〉の人類学』(春秋社)、『精神の星座』(サンガ)など。

上記内容は本書刊行時のものです。