版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
邂逅の論理 木岡 伸夫(著/文) - 春秋社
..

邂逅の論理 〈縁〉の結ぶ世界へ

発行:春秋社
四六判
336ページ
定価 3,500円+税
ISBN
9784393313015
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年7月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「邂逅」を論理の問題として捉え、九鬼周造、和辻哲郎、田辺元をはじめ、西田幾多郎、山内得立らに注目し、東西哲学を包み拡げて〈縁〉によって結ばれた世界へと思想を導いていく。東西の風土的相違を超えて、双方の〈あいだ〉に〈邂逅の論理〉をうちたてる。

著者プロフィール

木岡 伸夫  (キオカノブオ)  (著/文

1951年、奈良県に生まれる。1977年、京都大学文学部卒業。1985年、京都大学大学院文学研究科博士課程退学。
現在は関西大学文学部教授。
著書に『風景の論理――沈黙から語りへ』(世界思想社、2007年)、『風土の論理――地理哲学への道』(ミネルヴァ書房、2011年)、 『 〈あいだ〉を開く――レンマの地平』(世界思想社、2014年)ほか。訳書に、オギュスタン・ベルク『風景という知――近代のパラダイムを超えて』(世界思想社、2011年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。