版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:21:"文化を実験する";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-326-34917-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:459:"文化の違いを生むのは個々人の心か、それとも人々が生きる環境か。「文化と心」の関係の解明を目指して、心理学と社会科学という異なる分野が行ってきた最先端の研究を紹介する。また、心の働きに関する議論と実験が、人についての共通了解をいかに生み出し、心理学と社会科学に存在する隔たりをどのように乗り越えるかを論じる。";s:6:"author";s:23:"山岸 俊男(編集)";s:10:"publishers";s:12:"勁草書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"勁草書房";s:12:"release_date";i:1414681200;}

フロンティア実験社会科学

文化を実験する 社会行動の文化・制度的基盤

社会科学 ラノベ

山岸 俊男(編集)
発行:勁草書房

A5判   216頁 
定価 3,200円+税

ISBN 978-4-326-34917-3   C3331

書店発売日 2014年10月31日
登録日 2015年8月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

文化の違いを生むのは個々人の心か、それとも人々が生きる環境か。「文化と心」の関係の解明を目指して、心理学と社会科学という異なる分野が行ってきた最先端の研究を紹介する。また、心の働きに関する議論と実験が、人についての共通了解をいかに生み出し、心理学と社会科学に存在する隔たりをどのように乗り越えるかを論じる。

目次

フロンティア実験社会科学 刊行にあたって
はじめに

第1章 文化と心[増田貴彦]
 1.はじめに
 2.理論的背景
 3.文化心理学の方法論と目的
 4.代表的な人間観・世界観のモデル
 5.文化心理学の2つのアプローチ
 6.第1アプローチの5つの研究領域
 7.まとめ

第2章 文化神経科学[石井敬子]
 1.はじめに
 2.脳内基盤の文化差
 3.社会・文化環境と遺伝子との相互作用
 4.今後の展望

第3章 文化変容と心の適応[内田由紀子]
 1.はじめに
 2.文化心理学の理論的背景
 3.変化を知る方法論
 4.日本の変化とグローバリゼーション
 5.動機付けの文化差とその変化
 6.制度的環境の変化と心の「ズレ」による不適応
 7.文化の維持と再生産
 8.心の可塑性

第4章 文化への社会生態学的アプローチ[竹村幸祐・結城雅樹]
 1.はじめに
 2.従来の文化心理学研究の知見と理論
 3.社会生態学的アプローチとは
 4.生業形態の影響
 5.社会関係の流動性の影響
 6.自然環境の影響
 7.残された課題と展望
 8.結語

第5章 「文化」への適応戦略[橋本博文]
 1.はじめに
 2.個人の心の文化的多様性:文化心理学的アプローチに基づく理解
 3.文化的エージェントと文化的ゲームプレーヤー
 4.個人の心の文化的多様性:社会的ニッチ構築アプローチに基づく理解
 5.文化的価値ないし選好と文化的予想
 6.ニッチ構築という視点
 7.文化差の消失
 8.デフォルトの適応戦略
 9.デフォルトの適応戦略としての自己卑下的な自己提示
 10.おわりに

第6章 文化におけるマイクロとマクロ[山岸俊男]
 1.はじめに
 2.個人主義・集団主義と一般的信頼:国際比較
 3.個人主義・集団主義と一般的信頼:国内での比較
 4.木を見る西欧人,森を見る東アジア人
 5.生態学的相関
 6.マクロな差を生み出す「真のマクロ変数」:クラスの例
 7.マクロな差を生み出す秩序原理
 8.マグリブ商人たちの例
 9.集団主義的秩序と一般的信頼の欠如 
 10.一般的信頼を支える司法制度
 11.制度と心の共進化
 12.最後に

おわりに
索引
執筆者紹介

著者プロフィール

山岸 俊男(ヤマギシ トシオ)

山岸俊男(やまぎし としお) 1948年生まれ。ワシントン大学大学院社会学研究科博士課程修了。Ph.D(社会学)。現在、一橋大学国際経営研究科特任教授。専門は社会心理学。著書に『信頼の構造』(東京大学出版会)。

上記内容は本書刊行時のものです。