版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
パリに終わりはこない エンリーケ・ビラ=マタス(著/文) - 河出書房新社
..

パリに終わりはこない

四六変型判
304ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784309207315
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年7月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-10-29 朝日新聞  朝刊
評者: 円城塔(作家)
2017-09-10 毎日新聞  朝刊
評者: 池澤夏樹(作家)

紹介

マルグリット・デュラスの家に下宿しながら「私」はパリで作家修行をするが……。文学に新しい地平を切り拓くビラ=マタスの代表作。

著者プロフィール

エンリーケ・ビラ=マタス  (ビラ=マタス,E)  (著/文

1948年バルセロナ生まれ。1985年『ポータブル文学小史』がヨーロッパ諸国で翻訳され、2000年『バートルビーと仲間たち』、次いで2003年『パリに終わりはこない』で世界的に評価される。

木村 榮一  (キムラ エイイチ)  (翻訳

1943年、大阪市生まれ。神戸市外国語大学名誉教授。著書に『ラテンアメリカ十大小説』ほか、訳書にバルガス=リョサ『緑の家』、コルタサル『遊戯の終わり』、リャマサーレス『黄色い雨』ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。