版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:18:"アメリカーナ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-309-20718-6";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:183:"国境に引き裂かれた恋人達が母国で再会する。人種、アイデンティティ、国家といった問題を絡めて描く壮大なスケールの移民の物語。";s:6:"author";s:70:"チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:18:"河出書房新社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:18:"河出書房新社";s:12:"release_date";i:1477494000;}

アメリカーナ

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ(著/文), くぼた のぞみ(翻訳)
発行:河出書房新社

四六変型判   544頁 
定価 4,600円+税

ISBN 978-4-309-20718-6   C0097

書店発売日 2016年10月27日
登録日 2016年9月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-01-08 朝日新聞  朝刊
評者:円城塔(作家)
2017-01-08 日本経済新聞  朝刊
評者:松家仁之(作家)
2016-12-25 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:中村和恵(明治大学教授・比較文学)
2016-12-25 日本経済新聞  朝刊
評者:陣野俊史(批評家)
2016-12-18 毎日新聞  朝刊
評者:中島京子(作家)

紹介

国境に引き裂かれた恋人達が母国で再会する。人種、アイデンティティ、国家といった問題を絡めて描く壮大なスケールの移民の物語。

著者プロフィール

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ(アディーチェ,チママンダ ンゴズィ)

1977年、ナイジェリア南部のエヌグで生まれ、大学町スッカで育つ。イボ民族の出身。幼いころから詩や物語を書くのが得意で、ナイジェリア大学で短期間、医学と薬学を学び、19歳で奨学金をえて渡米。ドレクセル大学、東コネティカット大学でコミュニケーション学と政治学を学ぶかたわら旺盛に作品を発表。ストーリーテラーとしての天賦の才に恵まれ、抜群の知性としなやかな感性で紡ぎだされる物語が繊細で心にしみると好評を博す。2003年にO・ヘンリー賞、デイヴィッド・T・K・ウォン短編賞を受賞。数々の賞にノミネートされて05年コモンウェルス賞を受賞した初長編『パープル・ハイビスカス』につづき、06年発表の長編『半分のぼった黄色い太陽』は「ランドマークとなる小説」と書評界に絶賛の嵐をまきおこし、オレンジ賞を受賞。

くぼた のぞみ(クボタ ノゾミ)

翻訳家、詩人。東京外国語大学卒業。訳書に、J・M・クッツェー『マイケル・K』(ちくま文庫)、『少年時代』(みすず書房)、C・N・アディーチェ『アメリカにいる、きみ』(河出書房新社)、M・コンデ『心は泣いたり笑ったり』(青土社)、B・ヘッド『優しさと力の物語』(スリーエーネットワーク)、E・ダンティカ『アフター・ザ・ダンス』(現代企画室)、S・シスネロス『マンゴー通り、ときどきさよなら』『サンアントニオの青い月』(共に晶文社)、アミラ・ハス『パレスチナから報告します』(筑摩書房)など。詩集に『風のなかの記憶』 (自家版)、『山羊にひかれて』(書肆山田) 、『愛のスクラップブック』(ミッドナイトプレス)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。