版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:30:"永遠の道は曲りくねる";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-309-02568-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:186:"世界を放浪の末、有馬が辿り着いた沖縄の地。いま、運命は動き出す。《終わらぬ悲劇の連鎖》と《生命の煌めき》を描く至極の超大作!";s:6:"author";s:22:"宮内 勝典(著/文)";s:10:"publishers";s:18:"河出書房新社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:18:"河出書房新社";s:12:"release_date";i:1495033200;}

永遠の道は曲りくねる

宮内 勝典(著/文)
発行:河出書房新社

四六変型判   424頁 
定価 1,850円+税

ISBN 978-4-309-02568-1   C0093

書店発売日 2017年5月18日
登録日 2017年4月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-08-20 産經新聞  朝刊
評者:重里徹也(文芸評論家、聖徳大学教授)
2017-07-23 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:与那覇恵子(文芸評論家)
2017-07-02 朝日新聞  朝刊
評者:佐伯一麦(作家)

紹介

世界を放浪の末、有馬が辿り着いた沖縄の地。いま、運命は動き出す。《終わらぬ悲劇の連鎖》と《生命の煌めき》を描く至極の超大作!

著者プロフィール

宮内 勝典(ミヤウチ カツスケ)

1944年、ハルビン生まれ。著書に『南風』(文藝賞)、『金色の象』(野間文芸新人賞)、『焼身』(読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞)、『魔王の愛』(伊藤整文学賞)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。