版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:25:"物語 日本の治水史";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-306-09447-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1077:"治水の歴史とは、事故と失敗に対し、いかに学び、難課題を克服してきたかの歴史である。世にも不思議な技術の歴史を解説する読本。広大にして複雑な治水史観点から、神話・伝説に始まり、武田信玄、加藤清正、明治以降の田辺朔郎、青山士らの名治水家の歴史的・社会的背景との関連で書き下ろされた物語は、新鮮にして興味深い話題の連続である。技術は失敗・事故の反省により進展してきた。連年の如く河川浸水災害は繰り返し起きている。治水の失敗は認識されずに歴史から消え去る。破堤・災害は河川の持つ遺伝子である。治水神・禹の系譜は脈々と四千年継がれている。鯀の治水の失敗は忘れ去られている。巨大災害の世紀・混迷を深めている治水。学ぶべきことが余りにも多い。治水哲学への関心は、河川技術者にとって必須の心得である。治水の心髄を読者に目覚ませる一冊。";s:6:"author";s:24:"竹林 征三(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"鹿島出版会";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"鹿島出版会";s:12:"release_date";i:1496847600;}

物語 日本の治水史

工業・工学 ラノベ

竹林 征三(著/文)
発行:鹿島出版会

四六判   272頁 
定価 2,600円+税

ISBN 978-4-306-09447-5   C3051

書店発売日 2017年6月8日
登録日 2017年4月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

治水の歴史とは、事故と失敗に対し、いかに学び、難課題を克服してきたかの歴史である。世にも不思議な技術の歴史を解説する読本。

広大にして複雑な治水史観点から、神話・伝説に始まり、武田信玄、加藤清正、明治以降の田辺朔郎、青山士らの名治水家の歴史的・社会的背景との関連で書き下ろされた物語は、新鮮にして興味深い話題の連続である。
技術は失敗・事故の反省により進展してきた。連年の如く河川浸水災害は繰り返し起きている。治水の失敗は認識されずに歴史から消え去る。破堤・災害は河川の持つ遺伝子である。治水神・禹の系譜は脈々と四千年継がれている。鯀の治水の失敗は忘れ去られている。巨大災害の世紀・混迷を深めている治水。学ぶべきことが余りにも多い。
治水哲学への関心は、河川技術者にとって必須の心得である。治水の心髄を読者に目覚ませる一冊。

目次

【治水技術 揺籃期】 河川技術とは何か/伏羲と女媧/鯀の失敗と禹の治水/八俣大蛇伝説の治水/茨田堤の治水/人柱伝説の治水/利他行の治水/自助・共助の治水
【治水技術 発展期】 武田信玄の治水/太閤秀吉の治水/佐々成政の治水/加藤清正の治水/成富兵庫の治水/大久保長安の治水/伊奈流の治水/伊奈流治水の謎/紀州流の治水/朱子学の治水と陽明学の治水/ダム築造の名人・西嶋八兵衛/蔡温の治水
【治水技術 成熟・混迷期】 田辺朔郎の琵琶湖疏水/青山士の碑文/大河津分水/「態と切り」の治水/日本の治水の系譜/河川技術混迷の時代/原点回帰が求められている/科学技術と治水/日本列島・九難の災害の宿命/巨大災害の世紀に突入

著者プロフィール

竹林 征三(タケバヤシ セイゾウ)

竹林 征三 (たけばやし・せいぞう)
1967年 京都大学 工学部 土木工学科 卒業
1969年 京都大学大学院 修士課程修了、建設省入省
琵琶湖工事事務所長、甲府工事事務所長等を経て
1991年 建設省土木研究所 ダム部長、環境部長、地質官を歴任
1997年 財団法人土木研究センター 風土工学研究所 所長
2000年 富士常葉大学 環境防災学部 教授、付属風土工学研究所 所長
2006年 富士常葉大学大学院 環境防災研究科 教授(兼務)
2010年 富士常葉大学 名誉教授
工学博士、技術士(建設環境・河川砂防及び海岸)

[主な著書]
『風土工学序説』、『風土工学の視座』、『ダムのはなし』、『続 ダムのはなし』、『環境防災学』(いずれも技報堂出版)/『ダムは本当に不要なのか』(ナノオプトニクス・エナジー出版局)/『東洋の知恵の環境学』(ビジネス社)/『ダムと堤防』(鹿島出版会)/『甲斐路と富士川』(土木学会山梨会)/『湖国の「水のみち」』(サンライズ出版) など多数

上記内容は本書刊行時のものです。