版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
幻想の平安文学 永井 和子(著) - 笠間書院
.

幻想の平安文学

発行:笠間書院
A5判
520ページ
上製
価格 14,000円+税
ISBN
978-4-305-70855-7
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年1月
書店発売日
登録日
2017年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

物語が抱える「幻想」とどのように向きあうか。
作者名が明記される漢詩文や歌と異なり、物語は、作者とは別に設定された「語り手」が語ることが建前の、現実とは切り離された虚構的存在である。「作者」の存在そのものは直接には見えてこない。いわば物語自体が「幻想」を抱えている。また一方、老人を語り手に設定することで叙述そのものが相対化されて幻想は深まり、物語は自在性を獲得した。
物語と作者、老者の語りを主題に、枕草子・源氏物語・寝覚物語を読み解いてきた著者の集大成!

目次

【目次】

幻想の平安文学─序に代えて
Ⅰ 枕草子
Ⅱ 源氏物語
Ⅲ 寝覚物語
Ⅳ 物語と作者
Ⅴ 書評・紹介
初出一覧/あとがき

前書きなど

嘗て『源氏物語と老い』(笠間書院 1995・5 笠間叢書284)と題する一書を纒めたことがある。或る意味で本書はその延長線上に在るかもしれない。やはり多くを、「老い」という主題に負っているからである。...『枕草子』は多少趣きが異なるが、本書に取り上げた『源氏物語』『寝覚物語』もこの例として位置づけられよう。「物語」というものは概ね老者の語りという体裁をとることなど、一層その観が強い。また現実に手に取る事ができるテキストからすればほとんどが原著ではなく幾度もの書写を重ねたものであるから、これも言ってみれば非在である。当たり前のことながらこうした幻想ともいうべき方法の内部に、いかに力強い生命が躍動しているか、を問うたのが此の書名のささやかな所以である。

著者プロフィール

永井 和子  (ナガイ カズコ)  (

1934(昭和9)年、東京に生まれる。1957(昭和32)年、お茶の水女子大学文教育学部文学科卒業。1960(昭和35)年、学習院大学大学院(修士課程)修了。現在、学習院女子大学名誉教授。
主要編著書に『寝覚物語の研究』(笠間書院・1968年)、『日本古典文学全集 枕草子』(小学館・1974年・共著)、『完訳日本の古典 枕草子』全二巻(同・1984年・共著)、『続 寝覚物語の研究』(笠間書院・1990年)、『源氏物語と老い』(同・1995年)、『新編日本古典文学全集 枕草子』(小学館・1997年・共著)、『源氏董草』(笠間書院・1999年・編)、『源氏物語の鑑賞と基礎知識 横笛・鈴虫』(至文堂・2002年・編)、『杜と櫻並木の蔭で一学習院での歳月 高橋新太郎』(笠間書院・2004年・共編)、『源氏物語へ 源氏物語から〔中古文学研究24の証言〕』(笠間書院・2007年・編)、『笠間文庫 原文&現代語訳シリーズ 枕草子[能因本]』(笠間書院・2008年)、『笠間文庫 原文&現代語訳シリーズ 伊勢物語』(笠間書院・2008年)、『日なたと日かげ 永井随想集』(笠間書院・2018年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。