版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:30:"昭和文学研究 第75集 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-305-00375-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:256:"昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。年2回(9月・3月)刊。定期購入の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。http://www.swbg.org/";s:6:"author";s:38:"昭和文学会編集委員会(編集)";s:10:"publishers";s:12:"笠間書院";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"笠間書院";s:12:"release_date";i:1505055600;}

昭和文学研究75

昭和文学研究 第75集

文芸 ラノベ

昭和文学会編集委員会(編)
発行:笠間書院

A5判   180頁  並製
定価 4,200円+税

ISBN 978-4-305-00375-1   C3393
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年9月
書店発売日 2017年9月11日
登録日 2017年8月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。昭和文学会●公式サイトはこちら
http://swbg.org/wp/

目次

【特集 ツーリズムと文学】
「ツーリズム」のゆくえ─歌枕的文化と〈案内記〉─●小関和弘
トラベル・ライティングという機構─文学とツーリズム─●中川成美
「文学散歩」論─文学研究者による観光・ツーリズムのために─●土屋忍
隆起する「欧州紀行」─横光利一のパリ体験─●中井祐希
〈案内記〉から消えゆくもの─昭和二〇年代の浅草と復興─●能地克宜
戦争の中の観光─松本清張『象の白い脚』─●久保田裕子
沖縄・海洋博の爪痕─大城立裕『華々しき宴のあとに』をめぐって─●村上陽子
【論文】
「ある唯物論者」の科学観─横光利一『上海』と二〇世紀物理学─●加藤夢三
一九四七年・大西巨人のスタートライン─ヒューマニズムへと展開する我流虚無主義の精神─●杉山雄大
【資料紹介】
水上勉宛田中英光書簡18通─水上勉資料の中から─●大木志門・掛野剛史・高橋孝次
【研究動向】
世界文学●塩野加織
文学賞●和泉司
【研究展望】
テロルの未決算─大江健三郞「政治少年死す」ほか─●坪井秀人
「漱石全集」の終わりと文学の未来●松下浩幸
震災・ゴジラ・原発●松村良
【書評】
廣瀬陽一著『金達寿とその時代 文学・古代史・国家』●南富鎭
滝口明祥著『太宰治ブームの系譜』●石川巧
李先胤著『21世紀に安部公房を読む 水の暴力性と流動する世界』●波潟剛
杉岡歩美著『中島敦と〈南洋〉─同時代〈南洋〉表象とテクスト生成過程から─』●西原大輔
【新刊紹介】
金井景子・楜沢健・能地克宜・津久井隆・上田学・広岡祐著『浅草文芸ハンドブック』
片山宏行・山口政幸監修、若松伸哉・掛野剛史編集『菊池寛現代通俗小説事典』
千葉俊二・銭暁波編『谷崎潤一郎 中国体験と物語の力』
日本社会文学会編『社会文学会の三〇年─バブル経済 冷戦崩壊 3 ・11』
小谷野敦・深澤晴美編『川端康成詳細年譜』
千田洋幸・宇佐美毅編『村上春樹と二十一世紀』
竹内瑞穂+「メタモ研究会」編『〈変態〉二十面相─もうひとつの近代日本精神史』
一柳廣孝監修、今井秀和・大道晴香編著『怪異を歩く』
高綱博文・石川照子・竹松良明・大橋毅彦編『戦時上海のメディア 文化的ポリティクスの視座から』
野村幸一郎著『京アニを読む』
綾目広治著『柔軟と屹立 日本近代文学と弱者・母性・労働』
宇野田尚哉・川口隆行・坂口博・鳥羽耕史・中谷いずみ・道場親信編『「サークルの時代」を読む 戦後文化運動研究への招待』
五味渕典嗣・日高佳紀編『谷崎潤一郎読本』
坂井セシル/紅野謙介/十重田裕一/マイケル・ボーダッシュ/和田博文編『川端康成スタディーズ─21世紀に読み継ぐために』

著者プロフィール

昭和文学会編集委員会(ショウワブンガッカイヘンシュウイインカイ)

●昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。
昭和文学会●公式サイトはこちら
http://swbg.org/wp/

関連リンク

昭和文学会●公式サイトはこちら

上記内容は本書刊行時のものです。