版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
昭和文学研究 第72集 昭和文学会編集委員会(編) - 笠間書院
.
昭和文学研究72

昭和文学研究 第72集

発行:笠間書院
A5判
238ページ
並製
定価 4,200円+税
ISBN
978-4-305-00372-0
Cコード
C3393
専門 全集・双書 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月
2016年3月
書店発売日
登録日
2016年3月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。昭和文学会●公式サイトはこちら
http://swbg.org/wp/

目次

【論文】
特集 第三の新人
「第三の新人」論―核家族・母・そして受験―●綾目広治
「第三の新人」と高度経済成長下の〈文学〉―戦中派・太宰治・純文学論争―●滝口明祥
馬になる小説―小島信夫『別れる理由』における男性性からの逃走―●村上克尚
戦後性、身体性、「第三の新人」―島尾敏雄と庄野潤三の一九五〇年前後―●西尾宣明
劣等兵から見出される「希望」―安岡章太郎『遁走』―●安藤陽平
決意の旅―安岡章太郎『アメリカ感情旅行』―●金岡直子
遠藤周作論―〈劇〉を生成するトポス―●長濵拓磨
吉行淳之介の「私」―昭和三〇年代の吉行淳之介―●小嶋洋輔

「××が始まつてから」―小林多喜二「党生活者」論―●金ヨンロン
佐多稲子「灰色の午後」論―〈同志的夫婦〉とは何者か―●谷口絹枝
〈甘美〉な震災の記憶を語る―堀辰雄「麦藁帽子」論―●宮村真紀
日系アメリカ人の日本語文学雑誌「収穫」の世界--一九三〇年代におけるコミュニティ・メディア・女性表象--●北川扶生子

【資料紹介】
織田作之助新資料「俄法師」とその周辺●斎藤理生

【研究動向】
丸山薫.........安智史
小林秀雄.........石川則夫
坂口安吾.........福岡弘彬
安部公房.........木村陽子
沖縄文学.........鈴木直子

【研究展望】
国際的な日本文学・日本語文学研究誌の必要性―『跨境 日本語文学研究』の創刊とこれから―●和泉司
個人文学全集とこれからの文学研究―『谷崎潤一郎全集』の刊行に触れて―●千葉俊二
〈原稿料〉から見た作家たち―『作家の原稿料』を刊行して―●谷口幸代

【書評】
永井善久著『〈志賀直哉〉の軌跡--メディアにおける作家表象』●小林幸夫
近藤華子著『岡本かの子 描かれた女たちの実相』●野田直恵
森本穫著『魔界の住人 川端康成 その生涯と文学 上・下』●森晴雄
綾目広治著『松本清張―戦後社会・世界・天皇制』●中谷いずみ
中村誠著『山の文芸誌「アルプ」と串田孫一』●團野光晴
井原あや著『〈スキャンダラスな女〉を欲望する―文学・女性週刊誌・ジェンダー』●武内佳代
木村小夜著『太宰治の虚構』●大國眞希
小松史生子著『探偵小説のペルソナ―奇想と異常心理の言語態』●浜田雄介
宮澤隆義著『坂口安吾の未来 危機の時代と文学』●浅子逸男
石原深予著『尾崎翠の詩と病理』●中川成美
平浩一著『「文芸復興」の系譜学―志賀直哉から太宰治へ』●神谷忠孝
松本和也著『昭和一〇年代の文学場を考える 新人・太宰治・戦争文学』●関谷一郎

【新刊紹介】
大橋毅彦・趙怡・榎本泰子・井口淳子編『上海租界与蘭心大戯院』
柴田勝二・加藤雄二編『世界文学としての村上春樹』
岩淵宏子・菅聡子・久米依子・長谷川啓編『少女小説事典』
押野武志編著『日本サブカルチャーを読む』
松崎碩子・和田桂子・和田博文編『両大戦間の日仏文化交流』
和田博文・黄翠娥編『〈異郷〉としての大連・上海・台北』

会務委員会だより
編集後記

著者プロフィール

昭和文学会編集委員会  (ショウワブンガッカイヘンシュウイインカイ)  (

●昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。
昭和文学会●公式サイトはこちら
http://swbg.org/wp/

上記内容は本書刊行時のものです。