版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
いまに生きるベートーヴェン 「音楽の友」「レコード芸術」(編集) - 音楽之友社
..
ONTOMO MOOK

いまに生きるベートーヴェン 生涯・作品と演奏法の変遷

発行:音楽之友社
A4判
160ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784276962729
Cコード
C9473
雑誌扱い ムック・その他 音楽・舞踊

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年9月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2020年は〝楽聖〟ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの生誕250年――。いま内外ではこの記念年に向けて、多くのイヴェントが動き出している。日本人ピアニストでは小山実稚恵、仲道郁代の両氏がベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ」を中心に据えたリサイタル・シリーズを準備しているし、国内オーケストラの間でも「交響曲全曲演奏会」の話が聞こえて来ている。本誌でも2020年に向けてスタートした小山実稚恵氏と平野昭氏の対談「ベートーヴェンとピアノ」が好評を博している。一方海外では、ベートーヴェン生誕の地、ドイツ・ボンで毎年開催されている「ベートーヴェン・フェスト」では、年々入場者数が増えているなど、クラシック音楽界全体が「ベートーヴェン生誕250年」に注目している。ベートーヴェンの音楽を味わい尽くし、このメモリアル・イヤーを十二分に楽しむためのONTOMO MOOK「いまに生きるベートーヴェン」を通じて、この記念年にしっかり備えたい。

目次

第1章 テーマ別・新しいベートーヴェン像を求めて
第2章 名演奏家が語るベートーヴェンの世界
第3章 新・ベートーヴェン論
第4章 ベートーヴェンの生涯
第5章 ジャンル別・主要作品解説
第6章 交響曲における金管楽器用法の秘密
第6章 ディスク・ガイド
第7章 巻末年譜

上記内容は本書刊行時のものです。