版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:42:"無伴奏混声合唱のための After...";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-276-54695-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1402:"谷川俊太郎の詩集『こころ』から、東日本大震災後に発表された詩をテキストにして編まれた無伴奏混声合唱曲集。震災は人々の人生に何らかのインパクトを与えた一つの転換点であり、その後の様々な創作活動にも大きな影響を与えてきた。現在進行形ともいえる状況の中で葛藤を抱きつつも、委嘱者の学生らと共に「この合唱作品を創り上げたい」と思いながら作曲された。収録曲は次の4曲。Ⅰ.「言葉」嘆き、怒り、悲しみ、何とも名付けられない感情を表したヴォカリーズを経て、言葉は「発芽」する。流され、壊れそうにながら、新たに立ち上がる「意味」。崩壊と再生のプロセスを音像で表現した章。Ⅱ.「絶望」絶望から希望への変容。h mollからH durへの展開。音群の交錯からホモフォニーへの収斂。Ⅲ.「遠くへ」前章終結部のH durを受けてのFis dur。ひろやかに、威厳をもって。「希望よりも遠く/絶望をはるかに超えた/遠くへ」……前章を経て歌われる「絶望」の語は、むしろ「希望」よりも生の実感を伴った力強い響きとして出現する。Ⅳ.「そのあと」静かに、自己内部へと着地する終章。旋法による祈り、魂の鎮め。";s:6:"author";s:35:"谷川 俊太郎(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:15:"音楽之友社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"音楽之友社";s:12:"release_date";i:1505055600;}

無伴奏混声合唱のための After...

芸術 ラノベ

谷川 俊太郎(著/文), 信長 貴富(著/文)
発行:音楽之友社

A4判   44頁 
定価 1,600円+税

ISBN 978-4-276-54695-0   C1073

書店発売日 2017年9月11日
登録日 2017年3月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

谷川俊太郎の詩集『こころ』から、東日本大震災後に発表された詩をテキストにして編まれた無伴奏混声合唱曲集。震災は人々の人生に何らかのインパクトを与えた一つの転換点であり、その後の様々な創作活動にも大きな影響を与えてきた。現在進行形ともいえる状況の中で葛藤を抱きつつも、委嘱者の学生らと共に「この合唱作品を創り上げたい」と思いながら作曲された。収録曲は次の4曲。
Ⅰ.「言葉」嘆き、怒り、悲しみ、何とも名付けられない感情を表したヴォカリーズを経て、言葉は「発芽」する。流され、壊れそうにながら、新たに立ち上がる「意味」。崩壊と再生のプロセスを音像で表現した章。
Ⅱ.「絶望」絶望から希望への変容。h mollからH durへの展開。音群の交錯からホモフォニーへの収斂。
Ⅲ.「遠くへ」前章終結部のH durを受けてのFis dur。ひろやかに、威厳をもって。「希望よりも遠く/絶望をはるかに超えた/遠くへ」……前章を経て歌われる「絶望」の語は、むしろ「希望」よりも生の実感を伴った力強い響きとして出現する。
Ⅳ.「そのあと」静かに、自己内部へと着地する終章。旋法による祈り、魂の鎮め。

目次

Ⅰ.言葉 約4'50”
Ⅱ.絶望 約3'45”
Ⅲ.遠くへ 約3'15”
Ⅳ.そのあと 約4'20”

著者プロフィール

谷川 俊太郎(タニカワ シュンタロウ)

詩人(1931~  )。1952年に第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。その鋭く繊細な感受性が脚光を浴び、戦後の詩壇に彗星のように登場する。以後、今日まで現代詩の最前線で活躍。「鉄腕アトム」などの作詞、『マザーグースのうた』の翻訳などでも活躍し、幅広い読者に支持されている。

信長 貴富(ノブナガ タカトミ)

作曲家(1971~ )。1994年上智大学文学部教育学科卒業。1994・95・99年朝日作曲賞受賞。2001年日本音楽コンクール作曲部門(室内楽曲)第2位。合唱作品ほか出版多数。

上記内容は本書刊行時のものです。