版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:45:"ファンダメンタルな楽曲分析入門";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-276-13204-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:630:"奥泉光氏推薦!「楽曲分析」の入門書。とりわけ「音楽形式」に関する分析について、最も基礎的な段階から考える。ファンダメンタル(原理的)な次元で考えるので、様々な音楽に応用できる。また、「ソナタ形式」「自由なソナタ形式」…などと現象を細分化するのではなく、差異よりも共通点を足がかりに分析しているので、分かりやすい。クラシック音楽を対象として、その「形式」に特化した分析を扱うけれども、随所でより大きな分析の世界を提示する。";s:6:"author";s:22:"沼野 雄司(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"音楽之友社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"音楽之友社";s:12:"release_date";i:1505055600;}

ファンダメンタルな楽曲分析入門

芸術 ラノベ

沼野 雄司(著/文)
発行:音楽之友社

A5判   176頁 
定価 2,000円+税

ISBN 978-4-276-13204-7   C1073

書店発売日 2017年9月11日
登録日 2017年7月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

奥泉光氏推薦!「楽曲分析」の入門書。とりわけ「音楽形式」に関する分析について、最も基礎的な段階から考える。ファンダメンタル(原理的)な次元で考えるので、様々な音楽に応用できる。また、「ソナタ形式」「自由なソナタ形式」…などと現象を細分化するのではなく、差異よりも共通点を足がかりに分析しているので、分かりやすい。クラシック音楽を対象として、その「形式」に特化した分析を扱うけれども、随所でより大きな分析の世界を提示する。

目次

はじめに
第1章 分割と再統合
第2章 同質/異質のグラデーション
第3章 反復パターンと形式の関係
第4章 3部形式のエクセサイズ:閉じられた/開かれた小宇宙
第5章 「超越的」な楽曲は存在するか?
第6章 ソナタ形式の憂鬱
第7章 ソナタ形式のエクセサイズ1:謎また謎の前編
第8章 ソナタ形式のエクセサイズ2:「お気楽さ」の真相に迫る
第9章 楽曲形式から見る西洋音楽史
インテルメッツォ1:ロマン派を省く理由
第10章 現代音楽の分析1:セリーとテクスチュア
第11章 現代音楽の分析1:密度と凝集度
インテルメッツォ2:新しい形式と記憶
第12章 現代音楽の分析2:悲劇とクラスター、あるいは、擬音とテクスチュア
あとがき

著者プロフィール

沼野 雄司(ヌマノ ユウジ)

1965年東京生。東京藝術大学大学院博士後期課程修了。博士(音楽学)。東京音楽大学助教授を経て、現在、桐朋学園大学教授および同大学附属図書館長。2007年から08年までハーヴァード大学客員研究員。20世紀音楽に関する著訳書、論文は多数におよぶ。主な著書『リゲティ、ベリオ、ブーレーズ:前衛の終焉と現代音楽のゆくえ』(音楽之友社)、『光の雅歌:西村朗の音楽』(春秋社、共著)、『日本戦後音楽史 上・下』(平凡社、共著)など。

上記内容は本書刊行時のものです。