版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
沖縄戦と心の傷 蟻塚 亮二(著/文) - 大月書店
..

沖縄戦と心の傷 トラウマ診療の現場から

発行:大月書店
四六判
272ページ
定価 1,900円+税
ISBN
9784272360819
Cコード
C0011
一般 単行本 心理(学)
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-02-11 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

死体に足がめり込む感覚がよみがえる…老いや近親者の死を契機に子どものころの忌まわしい記憶が60年の時を経てフラッシュバックし、強烈な不眠やうつ状態を引き起こす。戦争体験が人間の精神に与える深刻な被害を告発する。

目次

序章 脳のなかの戦争記憶は風化しない
1章 私と戦争
2章 トラウマ私論
3章 沖縄戦がもたらした社会と時代への影響
4章 「奇妙な不眠」からアウシュビッツの訪問まで
5章 沖縄線のトラウマによるストレス症候群

著者プロフィール

蟻塚 亮二  (アリツカ リョウジ)  (著/文

1947年生まれ、精神科医。元藤代健生病院院長(弘前)、2004年から沖縄の病院に勤務。2013年より、福島県相馬市のメンタルクリニックなごみ院長。主な著書『うつ病を体験した精神科医の処方箋』『統合失調症とのつきあい方』(大月書店)

上記内容は本書刊行時のものです。