版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:27:"知らない人に出会う";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-255-01011-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1963:"「壁」の向こう側に、世界は広がっている。道を歩いているとき、バスに乗っているとき、買い物しているとき、勇気を出して、知らない人に話しかけてみよう。ちょっとした会話でも、驚きと喜びとつながりの感覚を呼び起こしてくれる。赤の他人だから、心を開いて話せることもある。そうした体験は、あなたを変え、日々の暮らしに風穴を開け、この「壁の時代」に政治的な変化をも生み出す。「接触仮説」は正しいか。「儀礼的無関心」をどう破るか。他者との出会いを日々研究し続ける著者が、路上の生き生きとした会話を引きながら、異質なものとの関わっていく「街中の知恵」を説く。「この本は、いや、だからさ、もうお前が率先して、色んな条件を踏み外せばいいじゃん、それで出会えよ、と告げてくる」……武田砂鉄(解説冊子より)Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、第7弾。「目に入るものが何であれ、それがどこから来たものであれ、ひとつ確かなことがある。周囲にいる人たちはみな一人ひとりの人間であって、分類項目の集合ではないということだ。だからこそ、ここには冒険がある。暮らしの中で毎日出会える冒険。この世界をどう分けるか、それをきちんと理解すること、知り合いになる人を自分の感覚で選ぶこと、ちょっと立ち止まって知らない人に挨拶してみること。そうした勇気ある行動が、公共の場での経験を変えてくれるかもしれない。そして、自分が変わることで、公共の場そのものも少しずつ変えていけるかもしれない」(本書より)";s:6:"author";s:40:"キオ・スターク(著/文)…他2名";s:10:"publishers";s:15:"朝日出版社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"朝日出版社";s:12:"release_date";i:1499958000;}

TEDブックス07

知らない人に出会う

社会科学 ラノベ

キオ・スターク(著/文), 向井和美(翻訳), 武田砂鉄(解説)
発行:朝日出版社

B6変型判   200頁 
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-255-01011-3   C0095

書店発売日 2017年7月14日
登録日 2017年6月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「壁」の向こう側に、世界は広がっている。

道を歩いているとき、バスに乗っているとき、買い物しているとき、勇気を出して、知らない人に話しかけてみよう。
ちょっとした会話でも、驚きと喜びとつながりの感覚を呼び起こしてくれる。赤の他人だから、心を開いて話せることもある。
そうした体験は、あなたを変え、日々の暮らしに風穴を開け、この「壁の時代」に政治的な変化をも生み出す。
「接触仮説」は正しいか。「儀礼的無関心」をどう破るか。他者との出会いを日々研究し続ける著者が、路上の生き生きとした会話を引きながら、
異質なものとの関わっていく「街中の知恵」を説く。

「この本は、いや、だからさ、もうお前が率先して、色んな条件を踏み外せばいいじゃん、それで出会えよ、と告げてくる」
……武田砂鉄(解説冊子より)

Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。
人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、第7弾。

「目に入るものが何であれ、それがどこから来たものであれ、ひとつ確かなことがある。
周囲にいる人たちはみな一人ひとりの人間であって、分類項目の集合ではないということだ。
だからこそ、ここには冒険がある。暮らしの中で毎日出会える冒険。この世界をどう分けるか、
それをきちんと理解すること、知り合いになる人を自分の感覚で選ぶこと、ちょっと立ち止まって知らない人に挨拶してみること。
そうした勇気ある行動が、公共の場での経験を変えてくれるかもしれない。そして、自分が変わることで、公共の場そのものも少しずつ変えていけるかもしれない」(本書より)

著者プロフィール

キオ・スターク(キオ スターク)

著書には他に、小説『Follow Me Down(わたしを追いかけてきて)』、独学のためのガイドブック『Don’t Go Back to School(学校には戻らないで)』がある。
現在はニューヨークのブルックリンで暮らし、日々、見知らぬ人たちに話しかけている。

向井和美(ムカイカズミ)

京都府出身。早稲田大学第一文学部卒業。翻訳家。
訳書に『100の思考実験』『学校に通わず12歳までに6人が大学に入ったハーディング家の子育て』『プリズン・ブック・クラブ』(紀伊國屋書店)、『内向的な人こそ強い人』(新潮社)ほかがある。
趣味はバイオリン、短歌、鉄道ひとり旅。典型的な内向型だが、旅先で出会う人に自分から話しかけるのは得意。

上記内容は本書刊行時のものです。