版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:24:"中日言語研究論叢";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-255-01005-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:625:"東京大学大学院教授・楊凱栄氏の還暦を記念する論文集。楊氏は中国語学、日中対照言語学の分野で日中両国にわたり長年活躍を続けている。その学術的交流から本書の執筆者には教え子のみならず、多くの著名な研究者も名を連ねており、52名の論文43篇を収録する。現代中国語の一形式から、歴史文法、方言文法、対照研究、日本語などテーマは多岐にわたり、中国語学の様々な分野における研究、対照研究、日本語研究を広く見渡すことのできる論集である。";s:6:"author";s:54:"楊凱栄教授還暦記念論文集刊行会(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"朝日出版社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"朝日出版社";s:12:"release_date";i:1499094000;}

中日言語研究論叢 楊凱栄教授還暦記念論文集

語学・辞事典 ラノベ

楊凱栄教授還暦記念論文集刊行会(著/文)
発行:朝日出版社

A5判   792頁 
定価 5,600円+税

ISBN 978-4-255-01005-2   C0087

書店発売日 2017年7月4日
登録日 2017年6月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

東京大学大学院教授・楊凱栄氏の還暦を記念する論文集。
楊氏は中国語学、日中対照言語学の分野で日中両国にわたり長年活躍を続けている。
その学術的交流から本書の執筆者には教え子のみならず、多くの著名な研究者も名を連ねており、
52名の論文43篇を収録する。現代中国語の一形式から、歴史文法、方言文法、対照研究、
日本語などテーマは多岐にわたり、中国語学の様々な分野における研究、対照研究、
日本語研究を広く見渡すことのできる論集である。

目次

刊行にあたって

楊凱栄教授研究業績目録
◆楊凱栄教授還暦記念論文集によせて  中川正之
◆中国語史における疑問詞の指示特性  木村英樹・大西克也・松江崇・木津祐子
◆中国語の語りにおける一回相副詞  ラマール・クリスティーン
◆汉语主观量标记多样化研究  彭广陆 郭云辉
◆论汉字再演化  史有為
◆“他妈的”から見る翻訳文法の可能性  杉村博文
◆隐现句及其宾语NP 的语义及语用解读  王亚新
◆古汉语里的纵向时间表达  徐丹
◆汉语意合语法研究的回顾与展望  张黎
◆论事件链及事件链框架  左思民
◆关于“再好的演员”一类词组  古川裕
◆从阿姆斯特丹模型看汉语词类系统  郭锐
◆中国語の文末助詞“嘛”の意味分析  井上優 黄麗華
◆关于近代汉语时期的“隔开式”   石村广
◆也谈“继续V”“V 下去”及“继续V 下去”   鲁晓琨
◆中国語の連動構造における動詞句の意味的連鎖  小野秀樹
◆「外来語と和語・漢語」(同義語・類義語)の使い分けに関する調査  彭飛
◆给予动词“给”的被动标记化问题再议  任鹰 李梦迪
◆発話が生み出すアクセント:
現代日本語共通語アクセントの語彙的決定性に関する2つの例外  定延利之
◆恩恵授与と事態把握  佐々木勲人
◆“语言特区”的性质与类型  徐杰 覃业位
◆広西那坡県の壮語(チワン語)の一方言について 吉川雅之
◆从汉语反事实条件句看其背后的思维特点  袁毓林 李新良
◆用于动量词的身体部位名词  张丽群
◆動詞句・前置詞句の後ろに現れる“来”と“去”  相原まり子
◆1960年代の満洲語口語にみられる中国語の影響  包聯群
◆“什么是X ?”と“X 是什么?”の意味的機能  曹泰和
◆台湾における特殊言語現象  陳順益
◆仮想的相互関係を表す疑問詞呼応構文について  池田晋
◆结构式“X もなにも”的语义演变  贾黎黎
◆「非授与義動詞+“给”」の構文的特徴と意味機能  神谷智幸 
◆“从A 到B”句式的感知性特征  雷桂林
◆经历时间与属性述谓  李佳樑
◆《红楼梦》“叫”字句的非典型用法的语义特征  林立梅
◆眼睛之视与心灵之视的定语表述  卢建 张国宪
◆“了”を伴う連体修飾句の成立要因と表現機能  前田恭規
◆北京话口语中“SVleO”格式的完句问题  毛兴华
◆V・le・X・Y の意味機能  島津幸子
◆動詞コピー構文の語用論的解釈はどこから来るのか?  鈴木武生
◆客家語美濃方言の否定詞m11(毋)、mo11(無)と述語類型  田中智子
◆「済ませる」ことを表す“V 过”の意味と表現機能  渡辺昭太
◆日汉语致使位移动词的词汇化类型考察  姚艳玲
◆ポジティブ・ポライトネスのストラテジーとしての“来”   张芃蕾
執筆者一覧

著者プロフィール

楊凱栄教授還暦記念論文集刊行会(ヤンガイエイキョウジュカンレキキネンロンブンシュウカンコウカン)

中川 正之/木村 英樹・大西 克也・松江 崇・木津 祐子/ラマール・クリスティーン/彭 广陆・郭 云辉/史 有為/杉村 博文/王 亚新/徐 丹/张 黎/左 思民/古川 裕/郭 锐/井上 優・黄 麗華/石村 広/魯 暁琨/小野 秀樹/彭 飛/任 鹰 ・李 梦迪/定延 利之/佐々木 勲人/徐 杰・覃 业位/吉川 雅之/袁 毓林・李 新良/张 丽群/相原 まり子/包 聯群/曹 泰和/陳 順益/池田 晋/贾 黎黎/神谷 智幸/雷 桂林/李 佳樑/林 立梅/卢 建・张 国宪/前田 恭規/毛 兴华/島津 幸子/鈴木 武生/田中 智子/渡辺 昭太/姚 艳玲/張 芃蕾

上記内容は本書刊行時のものです。