版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:12:"反戦後論";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-16-390648-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1236:"1978年生まれの筆者の周囲にあったのは、茫漠たる郊外ーーニュータウンだった。 その出発点から、戦後思想とはどのように映るのか? 大東亜戦争、象徴天皇、三島由紀夫、小林秀雄、福田恆存、柄谷行人、中上健次、 坂口安吾、あるいはロレンス、ピケティ・・・・。思索を深めるにつれ、あらわれて きたのは「政治と文学」という問題だった。本書は、必ずしも「戦後批判」を志向 していない、端的に「戦後よ、さよなら」と言うものだと考えてもらいたい、と 筆者は言う。さらに、こう続ける。 いずれにしろ、私は「政治と文学」のけじめを曖昧にしながら、 いつかその両者が一致するだろうことを夢見るような「戦後」的な 言葉については何の興味もないことだけは断っておきたい。 私の描きたかったのは、人間の可能性ではなく、必然性であり、 人間の自由ではなく事実だった。 (あとがきより) いま文芸、論壇界で注目を集める気鋭の批評家が、 戦後思想に新たな問題を提起する画期的論考!";s:6:"author";s:22:"浜崎 洋介(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"文藝春秋";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"文藝春秋";s:12:"release_date";i:1494774000;}

反戦後論

浜崎 洋介(著/文)
発行:文藝春秋

四六判   288頁 
定価 1,800円+税

ISBN 978-4-16-390648-5   C0095

書店発売日 2017年5月15日
登録日 2017年3月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-07-16 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:川村湊(文芸評論家)
2017-06-04 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:藤沢周(作家)
2017-05-28 産經新聞  朝刊
評者:福田逸(明治大学教授)

紹介

1978年生まれの筆者の周囲にあったのは、茫漠たる郊外ーーニュータウンだった。
その出発点から、戦後思想とはどのように映るのか?
大東亜戦争、象徴天皇、三島由紀夫、小林秀雄、福田恆存、柄谷行人、中上健次、
坂口安吾、あるいはロレンス、ピケティ・・・・。思索を深めるにつれ、あらわれて
きたのは「政治と文学」という問題だった。本書は、必ずしも「戦後批判」を志向
していない、端的に「戦後よ、さよなら」と言うものだと考えてもらいたい、と
筆者は言う。さらに、こう続ける。

いずれにしろ、私は「政治と文学」のけじめを曖昧にしながら、
いつかその両者が一致するだろうことを夢見るような「戦後」的な
言葉については何の興味もないことだけは断っておきたい。
私の描きたかったのは、人間の可能性ではなく、必然性であり、
人間の自由ではなく事実だった。 (あとがきより)

いま文芸、論壇界で注目を集める気鋭の批評家が、
戦後思想に新たな問題を提起する画期的論考!

上記内容は本書刊行時のものです。