版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:55:"私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-16-390396-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1013:"「小林カツ代という人は天才でした。紀元前、紀元後ではありませんが、家庭料理の世界では、カツ代前、カツ代後という言葉があってもおかしくない」と、料理専門の編集者に言わしめるほどの存在だった「家庭料理のカリスマ」が亡くなって三年。その波乱万丈の生涯を、生前から親交のあった気鋭のノンフィクションライターがたどる決定版評伝。 大阪の商家の「こいさん」(末娘)として生まれ、大学を出てすぐに結婚。新婚当時は味噌汁も満足に作れなかった主婦が、いかにして戦後日本を代表する料理研究家になったのか……。 実姉や娘、元夫など家族の証言や、弟子たち、彼女を知る多くの関係者に広く取材し、仕事と家庭の両面から小林カツ代の実像に迫る。伝説の「肉じゃが」、「わが道をゆくワンタン」など傑作レシピも紹介。";s:6:"author";s:22:"中原 一歩(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"文藝春秋";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"文藝春秋";s:12:"release_date";i:1485356400;}

私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝

中原 一歩(著/文)
発行:文藝春秋

四六判   256頁 
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-16-390396-5   C0095

書店発売日 2017年1月26日
登録日 2016年11月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-16 朝日新聞  朝刊
評者:斎藤美奈子(文芸評論家)
2017-02-19 産經新聞  朝刊
評者:東えりか(書評家、HONZ副代表)
2017-02-12 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

「小林カツ代という人は天才でした。紀元前、紀元後ではありませんが、家庭料理の世界では、カツ代前、カツ代後という言葉があってもおかしくない」と、料理専門の編集者に言わしめるほどの存在だった「家庭料理のカリスマ」が亡くなって三年。その波乱万丈の生涯を、生前から親交のあった気鋭のノンフィクションライターがたどる決定版評伝。
大阪の商家の「こいさん」(末娘)として生まれ、大学を出てすぐに結婚。新婚当時は味噌汁も満足に作れなかった主婦が、いかにして戦後日本を代表する料理研究家になったのか……。
実姉や娘、元夫など家族の証言や、弟子たち、彼女を知る多くの関係者に広く取材し、仕事と家庭の両面から小林カツ代の実像に迫る。伝説の「肉じゃが」、「わが道をゆくワンタン」など傑作レシピも紹介。

上記内容は本書刊行時のものです。