版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:39:"もがく建築家,理論を考える";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-13-063851-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:373:"ふたつの東京オリンピックのはざまで,時代の大きなうねりのなか形作られた現代日本建築の多様性を「理論」「技術」「都市」「人間」という四相から見直すシリーズの第1弾,「理論編」.日本を代表する建築家自身による作品解説とインタビューによる現代日本建築入門.";s:6:"author";s:59:"東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(編集)";s:10:"publishers";s:21:"東京大学出版会";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"東京大学出版会";s:12:"release_date";i:1498748400;}

T_ADS TEXTS 02

もがく建築家,理論を考える

工業・工学 ラノベ

東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(編集)
発行:東京大学出版会

新書判   304頁 
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-13-063851-7   C1052

書店発売日 2017年6月30日
登録日 2017年5月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ふたつの東京オリンピックのはざまで,時代の大きなうねりのなか形作られた現代日本建築の多様性を「理論」「技術」「都市」「人間」という四相から見直すシリーズの第1弾,「理論編」.日本を代表する建築家自身による作品解説とインタビューによる現代日本建築入門.

目次

大御所の建築家を集めて,何を企んでいるのか?(小渕祐介) 
01.なぜいま丹下健三から考えるのか(隈 研吾+小渕祐介)
02.空間を感知するために(磯崎 新)
03.様式を共有する(香山壽夫)
04.建築の始源へ(藤森照信)
05.つなぐ建築(大野秀敏)
06.建築より大きく,都市より小さく(妹島和世)
07.日常の建築家(隈 研吾)
建築を考える/建築で考える――結びにかえて(木内俊彦) <br>

著者プロフィール

東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(トウキョウダイガクケンチクガクセンコウ)

東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies
東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies

上記内容は本書刊行時のものです。