版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
増補新装版 ヨーロッパ文明批判序説 工藤 庸子(著/文) - 東京大学出版会
..

増補新装版 ヨーロッパ文明批判序説 植民地・共和国・オリエンタリズム

A5判
504ページ
定価 7,400円+税
ISBN
9784130101332
Cコード
C3010
専門 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年4月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

光輝くキリスト教文明と,暗闇としてのイスラーム世界? いまなお揺るぎないヨーロッパのアイデンティティの淵源とは? ミシュレ,ユゴー,ルナン…近代の多様な言説の徹底した分析を通して,「ヨーロッパ」・「近代」に迫る比類なき挑戦の書.「ゆるやかな三部作をめぐって」を増補する.初版2003年.

目次

第I部 島と植民地
 1 1870年代の地球儀とポリネシア幻想
 2 「絶海の孤島」から「愛の楽園」まで
 3 黒人奴隷と植民地
 4 フランス共和国の奴隷制廃止派(アボリシオニスト)たち
第II部 言説としての共和国
 1 国境の修辞学――ミシュレの方へ
 2 「ナショナル・ヒストリー」から「国民文学」へ――ヴィクトル・ユゴーを求めて
 3 共和国の辞典――ピエール・ラルースをめぐって
第III部 キリスト教と文明の意識
 1 知の領域としてのオリエント
 2 セム対アーリア
 3 記述されたイスラーム世界
 4 非宗教性(ライシテ)の時代のキリスト教

Prologue a une Critique de la Civilisation Europeenne
Yoko KUDO

著者プロフィール

工藤 庸子  (クドウ ヨウコ)  (著/文

工藤 庸子
工藤庸子:

上記内容は本書刊行時のものです。