版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:52:"秀吉と海賊大名 : 海から見た戦国終焉 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-12-102146-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:577:"信長・秀吉・家康が天下統一をめざした時、鍵となった地域が瀬戸内である。とくに伊予(現在の愛媛県)は中国・四国・九州を結ぶ「かなめ所」(秀吉の朱印状より)であった。瀬戸内海で活躍した村上氏・来島氏ら海賊衆と彼らを束ねた河野氏・毛利氏ら「海賊大名」は、秀吉など東国勢力との衝突を余儀なくされる。信長が始め、秀吉・家康が引き継いだ「革命」は地方の人々をいかに翻弄したか。海から見た戦国終焉の物語。";s:6:"author";s:22:"藤田 達生(著/文)";s:10:"publishers";s:18:"中央公論新社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:18:"中央公論新社";s:12:"release_date";b:0;}

中公新書

秀吉と海賊大名 : 海から見た戦国終焉

藤田 達生(著)
発行:中央公論新社

  212頁 


ISBN 978-4-12-102146-5  

奥付の初版発行年月 2012年1月
登録日 2015年8月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-11-11 日本経済新聞  朝刊
評者:和田竜(作家)
2012-02-12 産經新聞  

紹介

信長・秀吉・家康が天下統一をめざした時、鍵となった地域が瀬戸内である。とくに伊予(現在の愛媛県)は中国・四国・九州を結ぶ「かなめ所」(秀吉の朱印状より)であった。瀬戸内海で活躍した村上氏・来島氏ら海賊衆と彼らを束ねた河野氏・毛利氏ら「海賊大名」は、秀吉など東国勢力との衝突を余儀なくされる。信長が始め、秀吉・家康が引き継いだ「革命」は地方の人々をいかに翻弄したか。海から見た戦国終焉の物語。

目次

プロローグ-海賊史研究の新視点
第1章 瀬戸内海賊世界
第2章 秀吉の調略
第3章 海賊大名の消長
第4章 戦国終焉
第5章 海賊たちの就職戦争
エピローグ-海域監視網の構築

上記内容は本書刊行時のものです。