版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
署名はカリガリ 四方田 犬彦(著/文) - 新潮社
..

署名はカリガリ 大正時代の映画と前衛主義

発行:新潮社
四六変型判
304ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784103671091
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年10月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-01-29 産經新聞  朝刊
評者: 月永理絵(編集者、ライター)
2017-01-08 読売新聞  朝刊
評者: 苅部直(政治学者、東京大学教授)

紹介

ドイツ表現主義映画の代表作『カリガリ博士』が大正時代の日本にもたらした驚きとは? みずから進んで映画評を執筆した谷崎潤一郎。日本最初の表現派映画を試みた大泉黒石と溝口健二。新感覚派の小説家たちの協力を得て、前代未聞の前衛映画『狂つた一頁』を製作した衣笠貞之――助精神病院を舞台に、狂人の妄想をグロテスクに描き出した『カリガリ博士』が日本の芸術家たちに与えた衝撃を精緻にたどる評論集。

上記内容は本書刊行時のものです。