版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
バブル 永野 健二(著/文) - 新潮社
..

バブル 日本迷走の原点

発行:新潮社
四六判
288ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784103505211
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年10月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-10-08 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 酒井順子(エッセイスト)
2017-07-16 朝日新聞  朝刊
2017-05-14 朝日新聞  朝刊
2017-01-29 日本経済新聞  朝刊
2017-01-08 読売新聞  朝刊
評者: 稲泉連(ノンフィクションライター)

紹介

あれは「第二の敗戦」だった――バブルの最深部を知る記者が放つ警世の書。奇跡の復興と高度成長を成し遂げた日本だが、70年代以降、世界経済の仕組みは急速に変化する。グローバル化・金融自由化が進む世界と、変われないままの日本。その亀裂はやがてバブルを生み出し、全てを飲み込んでいった――。日本が壊れていく様を最前線で取材した「伝説の記者」が当事者たちの肉声をもとに迫るバブルの真実。

上記内容は本書刊行時のものです。