版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:40:"ワッハ ワッハハイのぼうけん";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-09-406430-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1426:"谷川童話の傑作を集めた文庫オリジナル版 まず、少年と少女を主人公にした「けんはへっちゃら」四部作ーーこのシリーズは全て「子どもの目の高さ」で描かれた古典的名作。四作それぞれが絵本仕立ての四巻本として刊行されたもの。それぞれのタイトルは「けんはへっちゃら」「しのはきょろきょろ」「とおるがとおる」「せかいはひろし」。中でも現代の〈わらしべ長女〉物の傑作「けん…」は、少年のポケットに入っていた〈ひも〉が〈ふうせん〉になり、〈キャラメル〉→〈子犬〉→〈自転車〉→〈鉄腕アトム〉→そして最後は〈ジャムパン〉になるという、少年の一日を描いた楽しい冒険物語。「ワッハ ワッハハイのぼうけん」は、この著者にしか書けないようなナンセンス童話の金字塔。和田誠の素晴らしいカラーとモノクロの絵を三十数点収録。最後の「ここから どこかへ」は、おばけと少年の物語。登場するおばけは、〈部屋住みおばけ〉〈電波おばけ〉〈おならおばけ〉〈好きですおばけ〉〈文字おばけ〉〈からっぽおばけ〉といった不思議な面々。谷川俊太郎の都会的なユーモアとナンセンスが飛び跳ねる初の文庫版傑作童話集。";s:6:"author";s:35:"谷川 俊太郎(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:9:"小学館";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"小学館";s:12:"release_date";i:1502118000;}

小学館文庫

ワッハ ワッハハイのぼうけん 谷川俊太郎童話集

谷川 俊太郎(著/文), 和田 誠(イラスト)
発行:小学館

文庫判   272頁 
定価 890円+税

ISBN 978-4-09-406430-8   C0195

書店発売日 2017年8月8日
登録日 2017年6月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-10-08 朝日新聞  朝刊
評者:福永信(小説家)
2017-08-19 日本経済新聞  朝刊

紹介

谷川童話の傑作を集めた文庫オリジナル版

まず、少年と少女を主人公にした「けんはへっちゃら」四部作ーーこのシリーズは全て「子どもの目の高さ」で描かれた古典的名作。四作それぞれが絵本仕立ての四巻本として刊行されたもの。それぞれのタイトルは「けんはへっちゃら」「しのはきょろきょろ」「とおるがとおる」「せかいはひろし」。中でも現代の〈わらしべ長女〉物の傑作「けん…」は、少年のポケットに入っていた〈ひも〉が〈ふうせん〉になり、〈キャラメル〉→〈子犬〉→〈自転車〉→〈鉄腕アトム〉→そして最後は〈ジャムパン〉になるという、少年の一日を描いた楽しい冒険物語。
「ワッハ ワッハハイのぼうけん」は、この著者にしか書けないようなナンセンス童話の金字塔。和田誠の素晴らしいカラーとモノクロの絵を三十数点収録。
最後の「ここから どこかへ」は、おばけと少年の物語。登場するおばけは、〈部屋住みおばけ〉〈電波おばけ〉〈おならおばけ〉〈好きですおばけ〉〈文字おばけ〉〈からっぽおばけ〉といった不思議な面々。
谷川俊太郎の都会的なユーモアとナンセンスが飛び跳ねる初の文庫版傑作童話集。

上記内容は本書刊行時のものです。