版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
その可能性はすでに考えた 井上 真偽(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
講談社ノベルス

その可能性はすでに考えた

発行:講談社
新書判
256ページ
定価 900円+税
ISBN
9784062990554
Cコード
C0293
一般 新書 日本文学、小説・物語

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年9月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-08-13 読売新聞  朝刊

紹介

「謎はすべて解けました。これは――奇蹟です。」
この傑作を読まずして、今年のミステリは語れない!

かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、
青髪の探偵・上苙丞(うえおろじょう)と相棒のフーリンのもとを訪れる。

彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を切り落とされながらも、
少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった――。
首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇跡の正体とは……!?

探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、
すべてのトリックが不成立であることを立証する!!

その他情報

書誌確定

著者プロフィール

井上 真偽  (イノウエ マギ)  (著/文

東京大学卒業。神奈川県出身。『恋と禁忌の述語論理』で第51回メフィスト賞を受賞。本作が二作目となる。

上記内容は本書刊行時のものです。