版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:18:"北斎まんだら";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-06-220474-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:831:"信州小布施の豪商、高井家の惣領息子・三九郎は、かの有名な絵師の葛飾北斎に会うために江戸へやって来た。浅草の住まいを訪ねてみると、応対してくれたのは娘のお栄。弟子入りを志願するもまともには取り合ってもらえず、当の北斎はどこかへ出かける始末。美人画で有名な絵師の渓斎英泉こと善次郎にはかまってもらえるが、火事見物につき合わされたり、枕絵のモデルをやらされたりで、弟子入りの話はうやむやのまま。そんな折、北斎の放蕩な孫・重太郎が奥州から江戸に戻ってきたことが伝わる。同じころ、北斎の枕絵や鍾馗の画の贋作が出回る事件が出来し、重太郎に疑いの目が向けられるが……。";s:6:"author";s:22:"梶 よう子(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"講談社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"講談社";s:12:"release_date";i:1488207600;}

北斎まんだら

梶 よう子(著/文)
発行:講談社

四六変型判   298頁 
定価 1,700円+税

ISBN 978-4-06-220474-3   C0093

書店発売日 2017年2月28日
登録日 2016年12月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-22 日本経済新聞  朝刊
2017-04-16 産經新聞  朝刊
評者:細谷正充(文芸評論家)
2017-04-02 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:木村行伸(文芸評論家)

紹介

信州小布施の豪商、高井家の惣領息子・三九郎は、かの有名な絵師の葛飾北斎に会うために江戸へやって来た。浅草の住まいを訪ねてみると、応対してくれたのは娘のお栄。弟子入りを志願するもまともには取り合ってもらえず、当の北斎はどこかへ出かける始末。美人画で有名な絵師の渓斎英泉こと善次郎にはかまってもらえるが、火事見物につき合わされたり、枕絵のモデルをやらされたりで、弟子入りの話はうやむやのまま。そんな折、北斎の放蕩な孫・重太郎が奥州から江戸に戻ってきたことが伝わる。同じころ、北斎の枕絵や鍾馗の画の贋作が出回る事件が出来し、重太郎に疑いの目が向けられるが……。

その他情報

書誌確定

上記内容は本書刊行時のものです。