版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:23:"俳句の海に潜る ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-04-400155-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:297:"俳句は自然認識の最前線であり、古代と前衛のふたつの回路から世界の本質に迫ろうとしている――。深川・甲州・諏訪を漂い、縄文の古層へ。詩とアニミズムの新たな地平が浮かび上がる、人類学者と俳人の異色対談!";s:6:"author";s:34:"中沢 新一(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:24:"KADOKAWA";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:24:"KADOKAWA";s:12:"release_date";i:1482505200;}

俳句の海に潜る

中沢 新一(著/文), 小澤 實(著/文)
発行:KADOKAWA

四六判   272頁 
定価 1,800円+税

ISBN 978-4-04-400155-1   C0092

書店発売日 2016年12月24日
登録日 2016年12月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-01 日本経済新聞  朝刊
2017-03-19 読売新聞  朝刊

紹介

俳句は自然認識の最前線であり、古代と前衛のふたつの回路から世界の本質に迫ろうとしている――。深川・甲州・諏訪を漂い、縄文の古層へ。詩とアニミズムの新たな地平が浮かび上がる、人類学者と俳人の異色対談!

目次

はじめに (中沢新一)

第一章 自然認識としての俳句

第二章 陸から海へ ── 深川にて

 俳句と仏教 (中沢新一)

第三章 定住と漂泊 ―― 甲州にて

 俳句のアニミズム (中沢新一)

第四章 アヴァンギャルドと神話 ―― 諏訪にて

 中沢さんと話しながら、俳句について考えたこと (小澤實)

著者プロフィール

中沢 新一(ナカザワ シンイチ)

1950年生まれ。思想家、人類学者。明治大学野生の科学研究所所長。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。『アースダイバー』(講談社)、『日本の大転換』(集英社新書)、『チベットのモーツァルト』『森のバロック』(講談社学術文庫)、『日本文学の大地』(KADOKAWA)、『熊楠の星の時間』(講談社選書メチエ)など著作多数。

小澤 實(オザワ ミノル)

1956年生まれ。俳人。俳句雑誌「澤」主宰。成城大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。句集に『砧』(牧羊社)、『立像』(角川書店、俳人協会新人賞)があるほか、2006年に第三句集の『瞬間』(角川書店)で読売文学賞を受賞。讀賣新聞・東京新聞の俳壇の選者をつとめる。著書に『俳句のはじまる場所』(角川選書)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。