版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
すこやかディズニー ツムツムで目を元気にする31のかんたんドリル 山本 央子(著/文) - KADOKAWA
..

すこやかディズニー ツムツムで目を元気にする31のかんたんドリル

B5判
72ページ
定価 1,300円+税
ISBN
9784041066928
Cコード
C8076
児童 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年2月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

子どもの目の成長は8歳までが大事!
遊びながらすこやかな目を育てる
ツムツムをモチーフにした子ども向けの目のトレーニング集


 目の機能の成長は、体の成長とは異なり、8歳ごろまでにほぼ完成します。とくに6~8歳は完成期と呼ばれており、目の機能はこのころまでに確立します。
 子どもの目は大人よりも感受性が高く、調節力も柔軟です。よって、近年は大人を中心に目のトレーニングがブームとなりましが、本来は子どものこの大切な時期にこそ、目の正しい成長を助けるトレーニングが必要と言えます。
 確かに、生まれつき眼球が大きく(長く)、そのことが原因の近視であれば、それ自体を解決することはできません。しかし、視力のよしあしについては、目の調節力を高めることで補うことができるのです。

 本書は、眼科専門医が監修・解説し、子どもにとって親しみやすいツムツムのキャラクターをモチーフにしたアクティビティをこなすことで、自然と目の調節力に好影響をもたらすドリル形式のトレーニング集です。子どもがきちんとこなせているか判断しづらい、「見るだけ」「目で追うだけ」といったトレーニングではなく、なるべく手を使わせる課題にすることで、ご両親から見て課題の達成がわかりやすいようにしました。
目標をもって何かを見ることは目への刺激となり、手を動かすことは脳への刺激となりますので、いわば目と脳の、双方から調節力にアプローチする内容になっています。
このように、お子さまの目の可能性を最大限に引き出すためのトレーニングを重ねることで、すでにめがねをかけているお子さまでも、今後の視力の低下を予防することが期待できます。

著者プロフィール

山本 央子  (ヤマモト ヨウコ)  (著/文

大森海岸やまもと眼科内科院長。幼稚園より14年間を学習院で学び、学習院女子高等科卒業後、聖マリアンナ医科大学に入学する。同校卒業後、昭和大学大学院臨床眼科入学。2006年に日本眼科学会専門医の資格を取得、2007年に医学博士号を取得する。
「地域に根ざした医療」を信条に、眼科専門医として幅広い症状に対応。眼科に関連する難病指定医であり、2018年3月現在、幼稚園、保育園、小中学校の校医も務め、幼児から成長期の子どもの目に精通している。

上記内容は本書刊行時のものです。