版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
スウィングしなけりゃ意味がない 佐藤 亜紀(著/文) - KADOKAWA
..

スウィングしなけりゃ意味がない

四六判
344ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784041050767
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年1月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-12-17 毎日新聞  朝刊
評者: 若島正(京都大学教授・米文学)
2017-05-14 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 須賀しのぶ(作家)
2017-04-30 毎日新聞  朝刊
評者: 若島正(京都大学教授・米文学)
2017-04-16 朝日新聞  朝刊
評者: 末國善己(文芸評論家)
2017-04-15 日本経済新聞  朝刊
評者: 千野帽子(文筆家)

紹介

1939年ナチス政権下のドイツ、ハンブルク。15歳のエディと仲間たちが熱狂しているのは頽廃音楽と呼ばれる”スウィング”だ。だが音楽と恋に彩られた彼らの青春にも、徐々に戦争が色濃く影を落としはじめる。

著者プロフィール

佐藤 亜紀  (サトウ アキ)  (著/文

1962年、新潟に生まれる。1991年『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。2002年『天使』で芸術選奨新人賞を、2007年刊行『ミノタウロス』は吉川英治文学新人賞を受賞した。著書に『鏡の影』『モンティニーの狼男爵』『雲雀』『激しく、速やかな死』『醜聞の作法』『金の仔牛』『吸血鬼』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。