版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
原子力規制委員会 : 独立・中立という幻想 新藤 宗幸(著) - 岩波書店
...
岩波新書

原子力規制委員会 : 独立・中立という幻想

発行:岩波書店
縦180mm
225ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-00-431690-9
出版社在庫情報
不明
初版年月
2017-12-20
登録日
2018年2月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-02-17 日本経済新聞  朝刊
2018-02-11 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 山口幸夫(原子力資料情報室共同代表)

紹介

福島第一原発の過酷事故をきっかけに作られた原子力規制委員会は、「世界一厳しい」と称する新規制基準を作り、再稼働や老朽原発の運転延長の審査を進めている。政権や経済界からのプレッシャーを前に、独立性と中立性を維持できているのか。その組織構造と活動内容を批判的に検証し、あるべき原子力規制システムを構想する。

目次

序章 フクシマ後の現実
第1章 原子力規制委員会はいかに作られたのか
第2章 原子力規制委員会とはどのような組織なのか
第3章 原子力規制委員会とはいかなる行政委員会か
第4章 原子力規制委員会は「使命」に応えているか
第5章 裁判所は「専門家」にどう向き合ったのか
終章 原子力規制システムは、どうあるべきなのか

上記内容は本書刊行時のものです。