版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人類哲学序説 梅原 猛(著) - 岩波書店
...
岩波新書 新赤版

人類哲学序説

発行:岩波書店
縦18mm
211ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-00-431422-6

出版社在庫情報
不明
初版年月
2013年4月
登録日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-16 朝日新聞  朝刊
評者: 横尾忠則(美術家)
2013-06-23 読売新聞
2013-06-16 東京新聞/中日新聞
評者: 篠原資明(京都大学教授、詩人)

紹介

日本には、「草木国土悉皆成仏」という偉大な思想がある-。原発事故という文明災を経て、私たちは何を自省すべきか。デカルト、カント、ニーチェらを俎上に近代合理主義や人間中心主義が置き去りにしてきたものを吟味、人類の持続可能な未来への新たな可能性を日本の歴史のなかに見出す。ここに、「人類哲学」が誕生する。

目次

第1章 なぜいま、人類哲学か(哲学とは「人間はどう生きるべきか」を自分の言葉で語るもの
原点となった戦争体験 ほか)
第2章 デカルト省察(なぜ、デカルトか
『方法序説』の誕生
第一~第四の方法-学問の方法 ほか)
第3章 ニーチェ及びハイデッガー哲学への省察(ニーチェ
ハイデッガー)
第4章 ヘブライズムとヘレニズムの呪縛を超えて(ヨーロッパ文明の父と母
ヘブライズムと近代 ほか)
第5章 森の思想(草木国土悉皆成仏
水を守るもの ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。