版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:22:"瀬戸内の民俗誌 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-00-430569-9";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:453:"風光明媚な内海は、古来から日本列島の大動脈であり、同時に、身分制社会の底辺で海の民が「板子一枚下は地獄」という過酷な労働を生きた場所であった。長年の現地踏査をもとに、アジア諸地方とつながる海の世界を、水軍の発生史や海神伝承、さまざまな信仰などから描き、今は消えた「家船」や「おちょろ船」の風俗を伝える。";s:6:"author";s:22:"沖浦 和光(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"岩波書店";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"岩波書店";s:12:"release_date";b:0;}

岩波新書

瀬戸内の民俗誌 海民史の深層をたずねて

沖浦 和光(著)
発行:岩波書店

  246頁 


ISBN 978-4-00-430569-9  

奥付の初版発行年月 1998年7月
登録日 2016年5月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-03-19 毎日新聞  朝刊

紹介

風光明媚な内海は、古来から日本列島の大動脈であり、同時に、身分制社会の底辺で海の民が「板子一枚下は地獄」という過酷な労働を生きた場所であった。長年の現地踏査をもとに、アジア諸地方とつながる海の世界を、水軍の発生史や海神伝承、さまざまな信仰などから描き、今は消えた「家船」や「おちょろ船」の風俗を伝える。

目次

第1章 わが故郷・平の浦
第2章 瀬戸内の大自然と海賊の発生
第3章 越智・河野水軍の起源伝承
第4章 記録・文学に出てくる海民像
第5章 屠沽の下類・一向一揆・村上水軍
第6章 漂海民・家船民俗の終焉
第7章 新興港町の栄枯盛衰

上記内容は本書刊行時のものです。