版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:19:"被爆を生きて ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-00-270813-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:446:"学徒動員先の長崎三菱兵器工場での被爆を描いた小説「祭りの場」以来、人が被爆体験を抱えながら生きることの意味を、深く静かに問い続けてきた作家、林京子。戦時下の上海で過ごした幼少時代、引揚げ後の被爆から、福島原発事故によって再び眼前に「核」が突きつけられた2011年3月11日まで-その生涯を、作品と重ねて語る。";s:6:"author";s:29:"島村 輝(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:12:"岩波書店";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"岩波書店";s:12:"release_date";b:0;}

岩波ブックレット

被爆を生きて 作品と生涯を語る

島村 輝(聞き手), 林 京子(著)
発行:岩波書店

  63頁 


ISBN 978-4-00-270813-3  

奥付の初版発行年月 2011年7月
登録日 2017年3月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-03-19 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

学徒動員先の長崎三菱兵器工場での被爆を描いた小説「祭りの場」以来、人が被爆体験を抱えながら生きることの意味を、深く静かに問い続けてきた作家、林京子。戦時下の上海で過ごした幼少時代、引揚げ後の被爆から、福島原発事故によって再び眼前に「核」が突きつけられた2011年3月11日まで-その生涯を、作品と重ねて語る。

目次

1 原点としての上海
2 『祭りの場』『ギヤマンビードロ』の頃
3 「トリニティからトリニティへ」の思い
4 「長い時間をかけた人間の経験」と「希望」
インタビューを終えて(島村輝)

上記内容は本書刊行時のものです。