版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
現代韓国の思想 : 一九八〇-一九九〇年代 尹 健次(著) - 岩波書店
...

現代韓国の思想 : 一九八〇-一九九〇年代

発行:岩波書店
縦200mm
308, 27ページ
価格情報なし
ISBN
9784000227117
出版社在庫情報
不明
初版年月
2000年9月
登録日
2016年6月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-02-11 朝日新聞  朝刊
評者: 木宮正史(東京大学教授・朝鮮半島地域研究)

紹介

日本の植民地支配、解放、朝鮮戦争、そして南北分断の固定化。朝鮮半島の激動の時代、韓国の知識人はどんな試練に直面し、どう格闘してきたのか。本書は1980年代以降、とくに90年代を中心に現代韓国の思想の変容を民主化運動や労働運動・統一運動、そして各種市民運動の展開などに即して跡づけ、南北統一に向けた新たな思想の枠組みを模索する。直面する現実の重さを知るその苦闘の足跡は、同時代を生きるわれわれの思想の姿をも照らし出す。

目次

第1章 韓国同時代史への視角(「革命の時代」1980年代と知識人
資本主義論争とマルクス主義
韓国近現代史の枠組み
「民衆」概念と中間層論争)
第2章 激変にさらされる思想(社会主義圏の崩壊と進歩陣営の動揺
マルクス主義の分化とアルチュセール
金泳三政権下の政治・思想空間と市民社会論
市民運動の展開と急進的民主主義論)
第3章 「近代」を問う-1990年代(ポストモダニズムと「近代性」
「脱近代」と新左派
旧左派とマルクス主義の再構成
せめぎあう歴史認識)
第4章 混迷する思想-新時代への模索(金大中政権の誕生(1998年)と新自由主義
脱冷戦下の分断パラダイム
モダニティと「脱植民地主義」
思想の再構築)
むすびにかえて-韓国の同時代思想からなにを学ぶか

上記内容は本書刊行時のものです。