版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
毛のない生活 山口 ミルコ - ミシマ社
.

毛のない生活

発行:ミシマ社
四六判
縦188mm 横128mm
168ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-903908-33-5
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2012年2月
書店発売日
登録日
2012年1月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-06-10 毎日新聞  朝刊
2017-11-12 毎日新聞  朝刊

紹介

敏腕編集者、会社大好き、そんな著者が思いもよらぬ退社。その一カ月後、ガンを宣
告され、突然闘病生活が始まる。
「まさか自分が坊主になろうとは。起きてマクラが髪の毛だらけで真っ黒だったあの
朝のことは、生涯忘れないだろう」
何も「ない」日々のなかで見えてきた「これから」の生き方。頑張りつづける全ての
現代人に捧げる渾身のエッセイ。

目次

0無職になって
第1章 会社を辞める
第2章 ガンかもしれない
第3章 毛のない生活
第4章 毛のある生活
第5章 まだ何も始まっていない
エピローグ 老木をめざして

版元から一言

「毛=髪の毛、陰毛、自分を守ってくれるものたち(会社やお金…)のある生活」から「毛のない生活」へ。再び、「毛のある生活」へ戻ったとき、著者は別人になっていた。
「小さくなる」「欠席、可。」「私は私」・・・からだを張ってつかみとった宝石のようなメッセージたち!

著者プロフィール

山口 ミルコ  (ヤマグチ ミルコ

1965年東京都生まれ。角川書店雑誌編集部をへて94年2月、幻冬舎へ。
プロデューサー、編集者として、文芸から芸能まで
幅広いジャンルの書籍を担当し数々のベストセラーを世に送る。
2009年3月に幻冬舎退社後はフリーランス。
クラリネットとサックスを吹き、ジャズ・吹奏楽関連の執筆や演奏活動もしている。
ミシマ社のウェブ雑誌「平日開店ミシマガジン」に「ミルコの六本木日記」を連載中。

上記内容は本書刊行時のものです。