版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
リベラリズムの中国 村田 雄二郎(編) - 有志舎
.

リベラリズムの中国

発行:有志舎
A5判
352ページ
上製
定価 6,200円+税
ISBN
978-4-903426-46-4
Cコード
C3022
専門 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2011年9月
書店発売日
登録日
2011年8月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-05-13 毎日新聞  朝刊
評者: 加藤陽子(東京大学教授・日本近代史)

紹介

19世紀末から20世紀中葉にかけての中国には、自由の価値や政治的自由を求める真摯でたゆまぬ潮流が存在していた。そのようなリベラリズム(自由主義)思想とその制度化の模索から中国近現代史を逆照射し、「民族革命」とも「社会主義近代化」ともちがう、新たな歴史像と中国イメージを提示する。

目次

序 章  村田雄二郎
第1部 メディア・学術と自由の空間
 第1章 「公共輿論」              章 清(小野泰教訳)
 第2章 清末の言論自由と新聞          村田雄二郎
 第3章 どのような理想の国民をつくりあげるか  孫 青(宮原佳昭訳)
 第4章 学術と自由               竹元規人
第2部 個人・社会と自由の学理
 第5章 自由と功利               川尻文彦
 第6章 清末における自由の条件         梁 一模
 第7章 自由, 自治そして歴史          楊 貞徳(土肥歩訳)
 第8章 政治学教科書の中の「自由主義」     孫 宏雲(森川裕貫訳)
第3部 国際関係の中の憲政と自由
 第9章 租界の慣習と日本の制度         孫 慧敏(吉見崇訳)
 第10章 1920年代の世界と中国の国家主義     小野寺史郎
 第11章 世界の憲政潮流と中華民国憲法      中村元哉
第4部 政党国家と自由主義
 第12章 個人・社会・大衆・党          王 奇生(丸田孝志訳)
 第13章 1930年代中国における政治変動と政治学者 水羽信男
 第14章 知識人と政治体制の民主的変革      金子 肇
 第15章 戦後中国の経済自由主義         久保 亨

著者プロフィール

村田 雄二郎  (ムラタ ユウジロウ)  (

東京大学大学院総合文化研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。