版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
First Love はつ恋 トゥルゲーネフ(著) - 青灯社
.
金原瑞人 MY FAVORITES

First Love はつ恋

発行:青灯社
新書判
208ページ
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-86228-098-5
Cコード
C0082
一般 単行本 英米語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年4月
発売予定日
登録日
2018年4月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

19世紀ロシア文学を代表する永遠の名作を英語で読む!

奇妙な美女ジナイーダをめぐり、貴族社会の悲哀や
父子の確執、青春時代の感傷と滑稽さなどを描いた自伝的中編。

・金原瑞人の詳しい語注で辞書なしに読める。
・多読に最適
・原文すべてを英訳で収録

目次

まえがき(金原瑞人)
First Love
あとがき(金原瑞人)

前書きなど

いかにも19世紀ロシアらしい貴族社会で展開される恋愛物語は、いま読むと、妙にナイーブなところと、ロマンチックなところが入りまじって不思議な感じがする。
しかし、いったん話のなかに入ってしまえば、あとは主人公の気持ちが痛いほど迫ってくると思う。 
金原瑞人(「まえがき」より)

著者プロフィール

トゥルゲーネフ  (ツルゲーネフ)  (

ロシア中部オリョールに、地主貴族の息子として生まれる(1818-1883)。
『猟人日記』(1847-51)で農奴制を批判し投獄される。父子の世代対立や農奴解放などの社会的テーマ、および自伝を背景にした作品を多く残す。日本では二葉亭四迷によって翻訳・紹介され、大きな影響を与えた。代表作『余計者の日記』(1850)、『貴族の巣』(1859)、『父と子』(1862)など。

金原 瑞人  (カネハラミズヒト)  (

現在、法政大学教授、翻訳家。ヤングアダルト小説はじめ海外文学の紹介、翻訳で著名。著書『翻訳のさじかげん』(ポプラ社)ほか。訳書『豚の死なない日』(ロバート・ニュートン・ペック、白水社)『青空のむこう』(アレックス・シアラー、求龍堂)『国のない男』(カート・ヴォネガット、NHK出版)『月と六ペンス』(サマセット・モーム、新潮文庫)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。