版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
子どもたちと話す 天皇ってなに? 池田 浩士(著) - 現代企画室
.

子どもたちと話す 天皇ってなに?

発行:現代企画室
四六変型判
縦188mm 横115mm
202ページ
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-7738-1012-7
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2010年7月
書店発売日
登録日
2010年7月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-04 東京新聞/中日新聞  朝刊
2010-09-19 毎日新聞
2010-08-15 東京新聞/中日新聞

紹介

「天皇」は、私たちの生活とは縁遠いもの? 祝祭日はどこからきたのか。戦争を経て、「天皇」のあり方はどのように変わったのか。日の丸や君が代、元号とどう向き合うか。おじいちゃんと孫たちは、世代を超えて自由な意見を交わす。この問題にはさまざまな立場、違う意見がある。背景をきちんと知った上で、考え続けよう。

著者プロフィール

池田 浩士  (イケダ ヒロシ)  (

1940年大津市生まれ。慶應義塾大学・同大学院でドイツ文学を学び、1968年から2004年まで京都大学在職、2004年から京都精華大学勤務、現在は同大学客員教授。

あるきっかけで17歳のときからナチズム文学に傾倒(!?)し、それと格闘するために国際プロレタリア文学運動、日本天皇制文化などに深入りする結果となった。『ファシズムと文学――ヒトラーを支えた作家たち』、『教養小説の崩壊』、『闇の文化史――モンタージュ1920年代』、『抵抗者たち――反ナチス運動の記録』、『大衆小説の世界と反世界』、『文化の顔をした天皇制』、『死刑の[昭和]史』、『虚構のナチズム――〈第三帝国〉と表現文化』などの著作があるほか、『〈海外進出〉文学論』シリーズの第3冊『石炭の文学史』が近く刊行される。

上記内容は本書刊行時のものです。