版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
社会を変えた情報公開 杉本 裕明(著) - 花伝社
.

社会を変えた情報公開 ドキュメント・市民オンブズマン

発行:花伝社
A5判
256ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-7634-0774-0
Cコード
C0032
一般 単行本 法律
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2016年4月
書店発売日
登録日
2016年3月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-11 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

野々村議員号泣事件は、
市民オンブズマンの情報公開請求がきっかけだった

原発放射能汚染、いじめ自殺事件、産業廃棄物の不法投棄、カラ出張と談合、特定秘密保護法との闘い……。
数々の隠された情報を暴き出し、社会を大きく動かしてきた市民オンブズマンと市民たち。
誰にでもできる情報公開の力を紹介し、成果をまとめた迫真のドキュメント!

隠された情報を暴け!

目次

序章 情報公開制度の活用
第1章 市民オンブズマンの発足――官官接待と政務活動費
第2章 原発情報を追え
第3章 いじめ自殺事件と教育情報
第4章 不法投棄事件の暗部を照射する
第5章 市庁舎建て替えは必要か
第6章 談合の根を断て
第7章 安保法制とリサイクル
第8章 情報は誰のものか――特定秘密保護法の壁を打ち破れ
第9章 扉を開く

著者プロフィール

杉本 裕明  (スギモト ヒロアキ)  (

1954年生まれ。早稲田大学商学部卒。1980年より2014年まで、朝日新聞記者。
廃棄物、自然保護、公害、地球温暖化、ダム・道路問題など環境問題全般を取材。環境省、国土交通省、自治体の動向にも詳しい。また、記者時代に、情報公開制度を利用した「官官接待キャンペーン」「公共事業改革」「環境事件の掘り起こし」など、新しい調査報道のスタイルを作った。現在はフリージャーナリスト。NPO法人未来舎の代表理事。
著書に『ルポ にっぽんのごみ』(岩波書店)、『環境省の大罪』(PHP研究所)、『赤い土 フェロシルト――なぜ企業犯罪は繰り返されたのか』、『環境犯罪――7つの事件簿から』(以上、風媒社)、共著に『廃棄物列島・日本』(世界思想社)、『ゴミ分別の異常な世界』(幻冬舎)、『ドキュメント官官接待――「公費天国」と「情報公開制度」を問う』(風媒社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。