a:2:{s:12:"shoshi_title";s:43:"新 源氏物語は読めているのかⅡ";s:16:"shoshi_publisher";s:12:"笠間書院";}

紹介

源氏物語を導き続ける《宿曜》そのものの実態を明らかにする書。



語義を見極め本文を分析することで、物語全体を支配する《宿曜》の実態や、姫君の育て方、琴(きむ)の伝授といったテーマを読み解くと、そこには従来見えてこなかった伏線や人物像などが浮上する。新たな源氏物語の解釈を提示する一書。著者の源氏物語論、待望の第四弾。



源氏物語は、滅びゆく天皇親政の世に捧げた紫式部の挽歌である----。

目次

本書を読む前に

はじめに



第一章 桐壺院の亡霊の告げ--院の苦悩と光源氏の再生

 一 桐壺院の苦悩

 二 澪標巻--光源氏の死と再生

 三 「おのづから犯しありければ、その罪を終ふるほど暇なくて」をなぜ取り上げるのか



第二章 《宿曜の予言》の実現化の道程

 一 桐壺帝による《宿曜》への働き掛け

 二 光源氏の須磨脱出 故院の《宿曜》への働き掛け

 三 明石入道



第三章 藤壺の懐妊・ストイックな男光源氏と正妻葵との仲

 一 藤壺の懐妊

 二 ストイックな男光源氏と正妻葵との仲



第四章 源氏物語における「琴(きむ)」

 一 導入

 二 「琴(きむ)」の奏者

  1 公的場面

  2 私的場面

 三 源氏物語における「琴(きむ)」の伝授

  1 桐壺帝の御子教育

  2 光源氏による琴(きむ)論と光の現実

 四 異例の伝授

  1 末摘花

  2 (1)明石入道・明石君

    (2)「ひが事どもに書きなしたれば」

  3 小野の尼君



第五章 小野の大尼・横川僧都--源氏物語の最終世界

 一 導入 横川僧都の母の尼君

 二 桐壺帝の御子達

 三 浮舟と横川僧都・大尼・妹尼との出会い

  1 出会いの状況

  2 何が出会いを実現させたか

   一 問題の所在

   二 初瀬観音の力

   三 僧都の信念--故桐壺院のリードによる女人往生

  3 僧都の浮舟への対し方・浮舟救済の意味

 四 桐壺帝による全源氏物語支配

 付 一院の御子達

 付章一 源氏物語における普賢菩薩信仰 覚え書き



第六章 姫君の育て方

 一 末摘花の意識と光源氏のそれとのギャップ

 二 内大臣の姫君の育て方



第七章 光源氏による玉鬘教育

 一 光源氏による玉鬘教育の基本方針

 二 親としての光のスキンシップとその〈核心〉--女性からの切り返し--

  1 光と玉鬘との初対面(十月)

  2 元旦の参座

  3 はじめてのスキンシップ

  4 梅雨の季節、物語とは

  5 夏、光が大和琴を教える

  6 初秋の篝火

  7 野分

 三 「心清し」髭黒の玉鬘評・光源氏の本性の証明



第八章 光源氏と朧月夜との仲

 一 二人の出会い

 二 水面下での、光・朧月夜の関係の継続

 三 尚侍朧月夜

 四 二人の別離

 五 光源氏帰京後

 付「承香殿の御兄弟の藤少将」「もどききこゆるやうもありなんかし」(賢木一〇六)の解釈



第九章 朧月夜考--ウチアダケスキタル人

 一 光源氏帰京後の二人の仲

 二 二人の最後の対面

 三 朧月夜の出家--ウチアダケスキタル人



第十章 花散里考

 一 光源氏の花散里訪問

  1 花散里巻

  2 光源氏須磨蟄居を決意する

  3 光源氏帰京、二十八歳の秋

  4 「花散里」とは

 二 二条東院

 三 六条院造営

 付章二 光と紫との新手枕・「三つが一つにてもあらむかし」

   三 「女ばかり、身をもてなすもところせうあはれなるべきものはなし」



既発表論文と各章との関係

あとがき

ご注文はこちらから

4,104円(税込み)

送料無料
在庫有り
翌日~4日で出荷予定
丸善&ジュンク堂
で購入する

 このサイトでは丸善&ジュンク堂ネットストアと協業して販売をしています。上記のカートはそのストアのカートに入ります。

 その他のネットストア・リアル書店で購入を希望する方は、下記のリンクから、それぞれの販売ページへ進むことができます。


他のオンライン書店で購入
出版社のサイト
楽天ブックス(7~14営業日以内に発送予定)
アマゾン(一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします商品の代金は発送時に請求いたします)

書店の店頭在庫を確認