版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
銅鐸民族の謎 臼田 篤伸(著) - 彩流社
.

銅鐸民族の謎 争乱の弥生時代を読む

発行:彩流社
四六判
236ページ
上製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-88202-928-1
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2004年11月
書店発売日
登録日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「祭り」と「埋納」という固定観念に呪縛されてきた銅鐸論を排し、古代における“民族闘争”という視点から銅鐸を持ち込んだ民族の渡来と定着、そしてその後のいわゆる天孫族の侵出よる列島制圧という“争乱の古代史”像を描く。

目次

プロローグ――銅鐸の時代へのお誘い
1章・アマチュアが声をあげる時が来た
2章・ノーベル賞を凌ぐ大発明
3章・ウルトラCの鋳造技法
4章・2000年の“タイムカプセル”発見史
5章・「埋納」に洗脳された珍説の数々── ・専門家の方々の説とそれへの感想、・門外漢による諸説
6章・文様は情報伝達のサイン
7章・理にかなった銅鐸の進化
8章・日本の地形にマッチした銅鐸
9章・四大銅鐸圏の提唱
10章・埋めた証拠は何もなかった
11章・兵共が夢の跡・二大青銅器圏
12章・神武に滅ぼされた大和の銅鐸国家
13章・漢字独占が勝利への道だった
14章・現代に残る銅鐸国家の影

著者プロフィール

臼田 篤伸  (ウスダ トクノブ)  (

著者紹介
東京医科歯科大学歯学部口腔外科大学院修了。歯学博士。ガンの細胞培養学専攻。
歯科医業のかたわら、風邪ならびに古代史についての調査・研究を行う。
1994年 『さらば、かぜ薬』(三一書房)を出版し「ぬれマスク法」を発表。
1999年 『こんなに効くぞぬれマスク』(農文協)、『風邪に勝つ本』(ローカス)出版。
2000年 『ぬれマスク先生の風邪に勝つ本』(ユリシス・出版部)、『ここがおかしい風邪の常識─ぬれマスクってこんなに効く─』(ローカス)を出版。

上記内容は本書刊行時のものです。