版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

『ハンセン病文学全集』の刊行開始

 『ハンセン病文学全集』(第一期全10巻)の刊行がいよいよ始まった。小社は以前よりハンセン病関連の書籍を出版してきたが、この企画は創立以来からの念願だった。そもそも、うちの代表が師事していた『数理科学』編集長・村松武司が草津にあるハンセン病療養所の栗生楽泉園で詩の選者をしていたことが事の始まりであると聞いている。療養所の人々に公私にわたり、ひとかたならぬ世話になったことが、この企画を立ち消えにしなかった大きな原動力になったようだ。「絶対に実現しよう!」そう話し合ったに違いない。

 学藝書林版で北條民雄「いのちの初夜」ぐらいしか読んだことのなかった私はハンセン病そのものについての知識もほとんど持っていなかった。かつて埼玉から鎌倉街道で東京の方へ向かった際に清瀬の多磨全生園の前を通った時、かつて見たことのない異様な風景を目にして、ここは一体何の施設なんだろうかと不思議に思ったことを想い出す。

 全国13箇所に国立の療養所があり、そこでは文芸活動が盛んに行われた。発表の場はほとんどが園内の機関誌だった。外部からの文芸指導も手伝って約80年間にわたり質量ともに厖大な作品が残された。強制隔離収容政策が世界でも例がない為に<ハンセン病文学>そのものが日本でしか成立しない。編集委員の鶴見俊輔は「ハンセン病文学は世界文学である」と言い切る。あまたの闘病記とはこの点がおおいに異なる。

 まずは読んで欲しい。一作一作を著者が何かと引き替えに書いているかのようだ。書くという行為に向き合う姿勢が土台からして違う。近・現代文学を問い返す力はここから生じるのかも知れない。

 ここで営業報告。売れてます。新聞各紙での報道が大きく作用して、個人注文があとを断たない。現在は女性を中心としているが「文藝春秋」記事より男性も増加中だ。TRC新継続での事前予約12でスタート。公共図書館も規模の大小は問はず予約注文が入っている。大学市場はこれからだが中高はもとより、これには私も驚いたが、なんと小学校の図書館までもが注文をくれた。看護学校・人権機関・教会・寺院・公民館・女性センター・議会図書室・・。先方は多岐広範にわたる。当初、売るには難しいのではとも言われた企画だけに、その波及力に目が覚める。

 療養所、在園者の平均年齢が70歳をこえている。裁判での勝利のあとも本名を名乗れず、里帰りもままならない方々が大勢いる。この全集がこの状況をなんだかのかたちで変えていく武器にもなると信じている。

このエントリーをはてなブックマークに>追加