版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

書院のアイデンティティ

こんにちは。みかん書院の堀内と申します。一人出版社です。小ささではどこにも負けません。

出版社を名乗っているものの、いまは、元IT技術者の経歴を活かして、時間の9割以上をシステム開発にあてています。資金力に乏しいので、システムの受託開発で日々の糧を得ながら、そのささやかな利益を出版に投資しようという作戦です。いつの日か、出版事業だけで回るようになりたいものです。

昨年4月から、本格的に活動を始めました。今年もすでに残り数ヶ月。技術系の翻訳書1点と、料理のレシピ本1点を年内に出そうと(たぶんムリ)、ゆっくりと、着実に制作が進行中です。年間2点というのは出版社として存在を許されるぎりぎりの線でしょう。とはいえ出し急がなければつぶれもしないので、じわじわと続けていくつもりです。

数週間後にレシピ本の撮影をひかえています。が、原稿がまったくあがってこないのが、やや気がかりです。ああ。私のほうもシステム開発で手一杯で、著者のサポートができていませんし、ぶっちゃけ、何をサポートしていいのかよくわかっていないというのが正直なところです。ああ。

そんな私が日々何をやっているかというと、昨年流行った巨大合コン「街コン」の裏方システムを作ったり、ある企業さんの巨大なコーポレートサイトを保守したり、iPhoneアプリを作ったり、企業研修でプログラミングの講師をしたり、3Dプリンタで遊んだりと、およそ出版とは関係ないことばかりに時間を使っています。

システム開発の仕事の多さに溺れそうな今になって、社名を○○書院にしておいてよかったなと思うことがひとつあります。業務時間のほとんどを受託開発に費やしていても、アイデンティティが出版社でいられる、ということです。それ系の名前にしていなかったら、やめていたかもしれません。原点を忘れそうになったときに、ふと引き戻してくれる。名前って、ありがたいですね。
 
 

■みかん書院 最近の出版物
インテリジェントウェブアルゴリズム

みかん書院 の本一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加