版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

本の話

 2009年の東京国際ブックフェアに、お試し会員として版元ドットコムさんのブースに出展いたしまして、それを機に会員となりました。本をいかに読者に届けるか、版元ドットコム会員社のみなさまのアイデアに日々、刺激を受けつつまたはげみとしてやっていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて東京国際ブックフェアには今年も参加しました。今年のドットコム企画の「書店さんへ行こう」キャンペーンでもらった図書カードは、子どもにあげたのですが、この子、もらった図書カードはため込むばかりでいっこうに使わない。すでに5000円ぐらいたまっている。もったいない、代わりにいくらでも使ってあげるのに。親の教育が悪いのでしょうか。

 この子、小学校4年生になるのだが、星新一さんのNHKアニメ版に触発されて、氏の小説を読みはじめたこと(学校の図書館からはやたら借りてくるのが、またなんとも)に影響されたのでしょう、私も先日、最相葉月著『あのころの未来 星新一の預言』(新潮文庫)を手に入れて読みはじめました。この本は星新一のショートショートを題材にして、最相さんが思うところを語るという構成になっており、彼女による星新一入門ともいうべき本になっております。

 この本に星新一の「ホンを求めて」(『さまざまな迷路』新潮文庫所収)という2ページほどのショートショートが引かれています。本を必要としなくなった人類の未来が描かれたものなのですが、これが最相さんがいうように実におそろしい。出版業界に身を置くものはとくにコワイのではないだろうか。2ページなのでネタばれせずに説明することができないので、ただ読んでほしいとしか言えないのが残念です。ぜひ読んでみてください。

 なにが怖いのかというと、おそらく「理由なく、いつの間にか」というところだと思います。このコワさ、一度経験している。記憶をたどると『ペヨトル興亡史—ボクが出版をやめたわけ』(今野裕一書・冬弓舎)を読んだときではなかったか。なぜだか分からないうちに本が売れなくなって、というくだりが妙におそろしいんですね。なんとなくってそれはあまりに無策なんじゃないのか、と営業マンとしては思ったのですが。

 劇的な変化というのはじつは、なんという理由もなく、いつの間にかすでにおきている──この出版社社員の実存の危機に打ち勝つために、結論としては、やはり本を買うことしかないのではなかろうか。いっしょに本屋さんへいって、子どもにあの図書カードを使わせよう。早く使わないと、期限が切れちゃうよ、とでも言いながら。

新曜社の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加