版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

「させていただく」とき

国会中継を聞いていると、政治家や官僚(最近では答弁の機会もなくなったが)の言葉の方が、話しの内容より気になってしまう。
文末をやたらに長くする「そのように思っておるところでございます」「お願い申しあげたいというふうに思います」や、他人ごとのような「誠に遺憾」「不徳の致すところ」、はては他の政党名を「さん」づけで呼んだりするものまで実に多彩だ。
しかし、なかでも白眉は「〜させていただく」だろう。もちろん適切に使えば気になるものではないが、彼らの場合はほとんど、謙遜や感謝の意を含んでいないところが鼻につくのである。あまり気にならないのは「みなさまのおかげで当選させていただきました」などというときぐらいだろうか。
ところが、この「〜させていただく」は、今や日本中に蔓延している。 「お付き合いさせていただいています」「入籍させていただきました」「出させて(番組に)いただいております」など、芸能界には広く普及しているし、敬語や丁寧語が苦手な若者さえも使うのを耳にする。
テレビの取材に答える様々な人たちからも聞こえてくるので、おそらく使用者は限りなく多い。
先日は、インフルエンザの疑いで、病院にやってきた患者がインタビューに答えて「心配なので受診させていただきました」。これにはちょっとおどろいてしまった。
そして、ビジネスシーンでは定型文のごとく多用される。「〜させていただく」なしで会話しようと試みるとかなり苦しいのではないか、
と思うくらい知らぬまに口をついて出ている。
言葉はゆらぎ、日々変化していくものかもしれないが、誤用や誤用ではないまでも相手に届かない言葉は、それがスタンダードにならないように、とりあえず抵抗したいと思う。
日々日本語にかかわる出版人として、というカッコイイ理由ではなく、感じた気持ちに忠実に日本語というものをとらえたい。
最近出版された『バカ丁寧化する日本語』(野口恵子著/光文社新書)という本のなかで、専門家である著者がこの「〜させていただく」を分析している。
自分の感覚は世の中とズレているのかと、ちょっと心配していたが、これを読んで安心した。でもまだ悩みは残る。便利な言葉なので、ついつい使わせていただくことが多いのである。

椋鳥書房の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加