版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

夏の風物詩

皆さんは、夏といえば何が浮かびますか?
私は、書店に文庫本が100冊並ぶと夏を感じます。
新潮、角川、集英社が毎年夏にやっているアレです。

毎年やっているから別に珍しくないのだけど、
文庫本がどーんと並ぶとウキウキします。

図書目録も並ぶので、ちゃんと3社分もらって帰ります。
この図書目録を眺めるのが、また楽しい。
各社ともデザインをがんばっているし、
同じ本の解説を読み比べてみるのも面白い。
単純に100冊の本の表紙を眺めているだけで楽しい。

あ、角川文庫のキャラクターは松山ケンイチだ。
青森のスター、松ケンがんばれ!(同郷なもんで)

集英社文庫のスペシャルカバー、「十五少年漂流記」のカバーが桂正和なのが気になる。買っちゃおうかな〜。
去年、荒木飛呂彦カバーの「伊豆の踊子」があったのに、なんで今年はないの!?

新潮の限定スペシャルカバーが、今年は10冊に増えている
。無地に文字だけのシンプルなデザインがカッコイイんだよね。
カバーの紙もツヤ加工してあって、こだわりを感じる。

「こころ」と「あしながおじさん」、家にあるのはもう古くて茶色くなっているから買い換えようかな?
そういえば「坊ちゃん」てまだ読んだことなかったから、この機会に読んでみようかな?

などと、最後は新潮の宣伝みたいになってしまいましたが、毎年こうやって楽しんでおります。

日本林業調査会の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加