版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

夏は東京国際ブックフェアーで過ごそう!

 ことしはちょっと違う、版元ドットコムの「夏祭り@東京国際ブックフェア」!
 といっても、去年が初参加で今年は2回目ですから、違うのも当然なんですが、何が違うって広さが格段に違うのです。去年の倍以上のスペースを確保。しかも、背の高い本棚ではなく目線より低い棚が並び、開放的な空間になる予定です。その開放的な空間の上を見上げれば……。
 今回は50社を越える版元に参加していただきました。参加版元を募集している最中に突如100年に1度と称される希有な不況におちいるなど、逆風も吹きましたがなんのその。無事に目標を達成することができました。

 今回は、版元ドットコム会員集会も同時期に同会場内で開催されます。多くの会員・会友のみなさんとお目にかかるのを楽しみにしています。さらに、会員集会に引き続きの名刺交換会と称する飲み会。いや、ほんとに名刺交換会も行われるのですが、こちらも多くの関係者でにぎわいそうです。なにしろ、数多くの出版関係者が来場し、版元ドットコム関係者の顔の広さを考えれば、この集いも希有な人々の集まりとなるに違いありません。ぜひこのチャンスに、ひとりでも多くの知り合いを増やしていただければと思います。

 今回の版元ドットコムブースには広大な(大げさ)イベントスペースを準備しました。ここでは、4日間、入れ替わり立ち替わりさまざまなイベントが実施されます。イベント予定表はサイトで確認していただくとして、注目なのは、7月10日金曜日16時40分からの「国会図書館のデジタルアーカイブ構想とGoogle問題」。なんと国会図書館館長の長尾真さんが来られて、お話しをされます。
 その前日には、同時間帯に、業界紙「新文化」編集長・石橋毅史さんによる「書店員よ、どこへいく〜業界再編の嵐のなかで〜」も開催。名刺交換会へ参加のついでに、いや、このセミナー参加のついでに名刺交換会(出版関係者のみ参加可)へお越しください。

 その名刺交換会。書店員さんは無料でご参加いただけます。出版に携わるいろんな人々でコミュニケーションを、というのがメインですので、書店の方も「無理矢理注文とらされるんじゃないか」といったご心配なくご参加ください。普段出版社の営業マンしか見たことないという方。出版社の編集者や編集長、社長、何から何まで全部やってしまう零細版元などなど、さまざまな人がいますので、どんな人たちが本を作っているのかを見るのも一興です。

 もう1つビッグニュースです。なんと、6月29日から2週間にわたって、この版元ドットコムブースの広告が、ゆりかもめの車内に掲示されています。ドアの上の部分に設置されていますので、ゆりかもめに乗った時は、ぜひ版元ドットコムの広告を見てください。

 出版界にとっても100年に1度のような話題が次々と出てきていますが、この4日間だけは出展版元も、来場されるみなさまも楽しんで過ごしてください。版元ドットコムブースが、そのお手伝いをできればと版元ドットコムのTIBF実行委員もがんばってきました。みなさまのお越しをお待ちしてます。

イベント日程等の詳細は 東京国際ブックフェア(TIBF)2009特設コーナー をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに>追加